コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲尾雨工 ワシオウコウ

3件 の用語解説(鷲尾雨工の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わしお‐うこう〔わしを‐〕【鷲尾雨工】

[1892~1951]小説家。新潟の生まれ。本名、浩。直木三十五とともに出版社を設立するが、失敗。その後、実証的な手法で描く歴史小説で高い評価を得る。「吉野朝太平記」で直木賞受賞。他に「明智光秀」「甲越軍記」「若き日の家康」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷲尾雨工 わしお-うこう

1892-1951 大正-昭和時代の小説家。
明治25年4月27日生まれ。早大の同級生直木三十五とともに春秋社をおこし,大正8年には冬夏社を創立するが失敗。のち作家生活にはいり,昭和11年「吉野朝太平記」で直木賞。昭和26年2月9日死去。58歳。新潟県出身。本名は浩。著作はほかに「妖啾(ようしゅう)」「合戦小牧山」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷲尾雨工
わしおうこう
(1892―1951)

小説家。新潟県西蒲原(にしかんばら)郡黒埼(くろさき)村(現新潟市)に生まれる。本名浩。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。幼少年期から史談史話に親しみ、歴史に対して一家言をもつ。一時、事業に身を入れたが失敗。1935年(昭和10)から40年にかけて書き下ろし長編『吉野朝太平記』全6巻を発表。これによって第2回直木賞を得、歴史小説家として認められ、作家としての地位を確保した。以後、大衆向けの雑誌に多くの歴史小説を書く。『武家大名懐(ふところ)勘定物語』(1942)など、実証に支えられた好著で知られる。[関口安義]
『『大衆文学大系26 鷲尾雨工他集』(1973・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷲尾雨工の関連キーワード土師清二川崎長太郎細田民樹池宮城積宝伊藤人誉大泉黒石諏訪三郎妹尾アキ夫寺崎浩寺本忠雄

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone