コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲尾雨工 ワシオウコウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷲尾雨工 わしお-うこう

1892-1951 大正-昭和時代の小説家。
明治25年4月27日生まれ。早大の同級生直木三十五とともに春秋社をおこし,大正8年には冬夏社を創立するが失敗。のち作家生活にはいり,昭和11年「吉野朝太平記」で直木賞。昭和26年2月9日死去。58歳。新潟県出身。本名は浩。著作はほかに「妖啾(ようしゅう)」「合戦小牧山」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷲尾雨工
わしおうこう
(1892―1951)

小説家。新潟県西蒲原(にしかんばら)郡黒埼(くろさき)村(現新潟市)に生まれる。本名浩。早稲田(わせだ)大学英文科卒業。幼少年期から史談史話に親しみ、歴史に対して一家言をもつ。一時、事業に身を入れたが失敗。1935年(昭和10)から40年にかけて書き下ろし長編『吉野朝太平記』全6巻を発表。これによって第2回直木賞を得、歴史小説家として認められ、作家としての地位を確保した。以後、大衆向けの雑誌に多くの歴史小説を書く。『武家大名懐(ふところ)勘定物語』(1942)など、実証に支えられた好著で知られる。[関口安義]
『『大衆文学大系26 鷲尾雨工他集』(1973・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鷲尾雨工の関連キーワード立石 美和昭和時代