コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿島台 かしまだい

2件 の用語解説(鹿島台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿島台
かしまだい

宮城県北西部,大崎市南東部の旧町域。仙北平野南部に位置する。 1951年町制。 2006年古川市,松山町,三本木町,岩出山町,鳴子町,田尻町の1市5町と合体して大崎市となった。北部は大松沢丘陵の東端,東部は鳴瀬川右岸の低地,南部は吉田川下流の品井沼の湿地からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島台
かしまだい

宮城県中部、志田(しだ)郡にあった旧町名(鹿島台町(まち))。現在は大崎(おおさき)市の南東端を占める地域。1951年(昭和26)町制施行。2006年(平成18)古川(ふるかわ)市、志田郡松山(まつやま)町、三本木(さんぼんぎ)町、玉造(たまつくり)郡岩出山(いわでやま)町、鳴子(なるこ)町、遠田(とおだ)郡田尻(たじり)町と合併して、大崎市となった。鹿島台の地名は、広長(ひろなが)にあった鹿島社にちなむという。JR東北本線と国道346号が町内を縦断する。明治初年には戸数527戸の寒村であったが、品井沼(しないぬま)の排水干拓工事の進行につれて各地から移住者が増えた。米作中心の農村で、肉用牛の飼育、野菜の栽培も盛んであるが、東北本線で仙台まで40分の距離にあり、仙台、塩竈(しおがま)両市のべッドタウンの性格を強めている。[境田清隆]
『『鹿島台町史』(1994・鹿島台町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島台の関連キーワード宮城県大崎市岩出山宮城県大崎市岩出山上川原町宮城県大崎市三本木宮城県大崎市田尻宮城県大崎市田尻沼部宮城県大崎市鳴子温泉宮城県大崎市古川古川〈市〉宮城県大崎市古川大崎宮城県大崎市古川福沼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鹿島台の関連情報