鹿島台(読み)かしまだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿島台
かしまだい

宮城県北西部,大崎市南東部の旧町域。仙北平野南部に位置する。 1951年町制。 2006年古川市,松山町,三本木町,岩出山町,鳴子町,田尻町の1市5町と合体して大崎市となった。北部は大松沢丘陵の東端,東部は鳴瀬川右岸の低地,南部は吉田川下流の品井沼の湿地からなる。かつて水害地帯であったが,品井沼の干拓によって広大な水田地帯となった。中心地区の鹿島台は気仙沼から仙台へいたる西郡街道 (にしごおりかいどう) の宿駅であったが,東北本線が開通してから近在の商業の中心となった。春さきに行なわれる互市は種や苗,農具などが取り引きされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹿島台
かしまだい

宮城県中部、志田郡(しだぐん)にあった旧町名(鹿島台町(まち))。現在は大崎(おおさき)市の南東端を占める地域。1951年(昭和26)町制施行。2006年(平成18)古川市(ふるかわし)、志田郡松山町(まつやままち)、三本木町(さんぼんぎちょう)、玉造(たまつくり)郡岩出山町(いわでやままち)、鳴子町(なるこちょう)、遠田(とおだ)郡田尻町(たじりちょう)と合併して、大崎市となった。鹿島台の地名は、広長(ひろなが)にあった鹿島社にちなむという。JR東北本線と国道346号が町内を縦断する。明治初年には戸数527戸の寒村であったが、品井沼(しないぬま)の排水干拓工事の進行につれて各地から移住者が増えた。米作中心の農村で、肉用牛の飼育、野菜の栽培も盛んであるが、東北本線で仙台まで40分の距離にあり、仙台、塩竈(しおがま)両市のべッドタウンの性格を強めている。[境田清隆]
『『鹿島台町史』(1994・鹿島台町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿島台の関連情報