コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿嶋[市](読み)かしま

百科事典マイペディアの解説

鹿嶋[市]【かしま】

茨城県南東部,鹿島灘に臨む市。1995年鹿島町が大野村と合体,名称変更,市制。鹿島台地の南東端を占め,西は北浦に臨む。旧鹿島町の中心の宮中(きゅうちゅう)は鹿島神宮鳥居前町で,水郷観光の一中心をなす。1960年代に鹿島港が整備され,港北側には鉄鋼コンビナートが進出して鹿島臨海工業地域へと発展し,都市化,住宅地化が進んだ。製造品出荷額では4821億円(2003)を上げている。1990年にサッカーのJリーグが始まり,鹿島アントラーズが誕生,1993年には屋根付きの県立カシマサッカースタジアムが出来るなど,サッカーの町として有名になった。旧大野村地区は農業を主とし,メロン,花卉(かき)などのハウス栽培が盛んである。北端の大小志崎海岸はハマナスの自生南限地として天然記念物に指定され,角折(つのおれ)地区には潮騒はまなす公園がある。鹿島線,鹿島臨海鉄道が通じる。東日本大震災で,市内において被害が発生。106.02km2。6万6093人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かしま【鹿嶋[市]】

茨城県南東部の市。人口6万0667(1995)。1995年鹿島町が大野村を編入して市制,鹿嶋市となる。東は鹿島灘,西は北浦に面する。市域の中央から北部は台地,西・南部は低地で水田地帯をなし,東部は砂丘となる。中心集落の宮中は常陸国一宮鹿島神宮の鳥居前町としておこったが,近年は鹿島臨海工業地域の開発によって都市化,住宅地化が進み周辺の商業中心となっている。鹿島港北部の高松地区には鉄鋼コンビナートが進出,鹿島臨海工業地域へと発展し,都市化,宅地化が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android