コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄熱(黒吐病) おうねつこくとびょう Yellow Fever

翻訳|Yellow Fever

1件 の用語解説(黄熱(黒吐病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

おうねつこくとびょう【黄熱(黒吐病) Yellow Fever】

[どんな病気か]
 黄熱ウイルスが感染しておこる病気で、ネッタイシマカ熱帯縞蚊(ねったいしまか))が媒介(ばいかい)します。南米(ブラジルボリビアペルーベネズエラなど)、アフリカアンゴラカメルーンガーナコンゴ民主共和国ナイジェリア)などがおもな流行地ですが、ときに中南米や南欧で流行をみることもあります。
 悪性の伝染病です。
[症状]
 潜伏期は、2~6日です。寒けとともに高熱が出て、頭痛、腰痛、手足の痛み、嘔吐(おうと)などがおこります。
 3~4日で症状が軽くなり、そのまま治ることもありますが、再び発熱して、黄疸(おうだん)、皮下出血(ひかしゅっけつ)、歯肉出血(しにくしゅっけつ)、黒色の嘔吐(黒吐病という病名の由来)などがおこることがしばしばです。
 発病から7~8日で治癒(ちゆ)に向かうのがふつうですが、重症の場合は、無尿、心不全(しんふぜん)、肝性昏睡(かんせいこんすい)などにおちいり、約10%の人が、第1病週の後半に死亡します。
[治療]
 特効薬はないので、症状に応じた治療をします。
 流行地では、蚊に刺されないように厳重に予防します。有効な予防接種があるので、流行地へ行くときは接種を受けましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

黄熱(黒吐病)の関連キーワード黄熱コクサッキーウイルス封入体スローウイルス感染症感染経路ヘルペスウイルスEBウイルスウイルス病スローウイルスウイルスの病原性 (pathogenicity of virus)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone