コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達ヶ原 あだちがはら

5件 の用語解説(安達ヶ原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安達ヶ原
あだちがはら

福島県中部,二本松市の中央部,阿武隈川沿岸にある台地。鬼女伝説をテーマにした能楽 (→黒塚 ) などで知られ,それにまつわる岩屋,碑,黒塚がある。霞ヶ城県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あだち‐が‐はら【安達ヶ原】

福島県二本松市、阿武隈川東岸の称。また、安達太良山(あだたらやま)東麓(とうろく)ともいう。昔、鬼婆が住んでいたという伝説がある。[歌枕]
謡曲。「黒塚」の観世流における名称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あだちがはら【安達ヶ原】

福島県二本松市東部,阿武隈川南岸にある地名。安達ヶ原は歌枕として多くの歌に詠まれ,安達太良山南東麓の本宮盆地を指すとも言われる。この土地には古くから鬼が住むという伝説があり,たとえば平安後期成立の《拾遺和歌集》に,平兼盛の詠として〈みちのくの安達の原の黒塚に鬼こもれりときくはまことか〉の歌が入っている。この古伝説を踏まえて,謡曲の《安達原》(現在,観世流以外の流派では《黒塚》という)が生まれた。熊野山伏行き暮れて一つ家に宿るが,主の老婆の留守に,禁を破って閨(ねや)の中をのぞき,死骸の山を見て逃げ出す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あだちがはら【安達ヶ原】

◇ 〔「あだちのはら」とも〕 福島県安達太良山東麓とうろくの野。鬼女伝説で名高い。安達の原。⦅歌枕⦆ 「みちのくの-の黒塚に鬼こもれりといふはまことか/拾遺 雑下
能の曲名。五番目物。山伏一行が安達ヶ原の鬼女の家に泊まり、食い殺されそうになるが、祈り伏せるというもの。黒塚。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安達ヶ原
あだちがはら

福島県中北部、二本松市の阿武隈(あぶくま)川畔にある地。もとは川の西側の平地の呼称であったという。謡曲「黒塚(くろづか)」(観世流では「安達原(あだちがはら)」という)などで知られる鬼婆(おにばば)の伝説があり、鬼婆がこもったという岩屋が観世寺(かんぜじ)境内にある。近くの黒塚は鬼婆の墓とされ、そばに平兼盛(かねもり)の「みちのくの安達の原の黒塚におにこもれりと聞くはまことか」(『拾遺集』)の碑がある。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安達ヶ原の関連キーワード福島県二本松市沖福島県二本松市郭内福島県二本松市作福島県二本松市関福島県二本松市竹田福島県二本松市東裏福島県二本松市東新殿福島県二本松市東町福島県二本松市本町福島県二本松市油井

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安達ヶ原の関連情報