コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒木勘蔵 くろきかんぞう

6件 の用語解説(黒木勘蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒木勘蔵
くろきかんぞう

[生]1882.9.10. 長野
[没]1930.10.8. 東京
演劇研究家。長野師範学校を中退後,1908年早稲田大学哲学科を卒業。師高野辰之のすすめで東京音楽学校 (現東京芸術大学) の邦楽調査にたずさわり,『近世邦楽年表』 (3巻,1912~27) を編集。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くろき‐かんぞう〔‐カンザウ〕【黒木勘蔵】

[1882~1930]浄瑠璃研究家。長野の生まれ。「近世邦楽年表」を編纂(へんさん)。著「近世演劇考説」「浄瑠璃史」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒木勘蔵 くろき-かんぞう

1882-1930 明治-昭和時代前期の邦楽・演劇研究家。
明治15年9月10日生まれ。高野辰之(たつゆき)の勧めで明治41年東京音楽学校(現東京芸大)邦楽調査掛にはいり,「近世邦楽年表」の編集にあたった。大正14年東京高教授。昭和5年10月8日死去。49歳。長野県出身。早大卒。旧姓は福田。著作に「近世演劇考説」「浄瑠璃(じょうるり)史」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くろきかんぞう【黒木勘蔵】

1882‐1930(明治15‐昭和5)
大正から昭和初期にかけての近世文学研究者。とくに,浄瑠璃および元禄歌舞伎に関する研究に多くの業績がある。長野県出身。1908年早稲田大学卒。高野辰之の指導のもとに,東京音楽学校邦楽調査部において資料の収集,研究に従う。のち早稲田大学文学部講師。《近世邦楽年表義太夫節の部》《元禄歌舞伎傑作集》(高野辰之と共編),《近世演劇考説》《近松浄瑠璃傑作集・解説》(日本名著全集)などの著がある。【服部 幸雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろきかんぞう【黒木勘蔵】

1882~1930) 浄瑠璃研究家。長野県生まれ。共編「近世邦楽年表」、著「近世演劇考説」「浄瑠璃史」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒木勘蔵
くろきかんぞう
(1882―1930)

近世演劇・浄瑠璃(じょうるり)研究家。長野県生まれ。早稲田(わせだ)大学哲学科卒業。師高野辰之(たつゆき)の勧めにより東京音楽学校邦楽調査部に入り、歌謡、演劇の研究調査に専念し、1912年(大正1)から27年(昭和2)までに『近世邦楽年表』常磐津富本清元(ときわずとみもときよもと)之部・江戸長唄(ながうた)之部・義太夫節(ぎだゆうぶし)之部の三部作を編集刊行した。その間、東京音楽学校、早稲田大学などに教鞭(きょうべん)をとり、浄瑠璃歌謡の資料的研究において当代の権威となった。著書に『近世演劇考説』『近松門左衛門』『近松以後』『浄瑠璃史』などがある。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒木勘蔵の言及

【近世邦楽年表】より

…江戸時代の邦楽各流の年表。東京音楽学校編,主として黒木勘蔵の手によって成る。第1巻〈常磐津・富本・清元之部〉,第2巻〈江戸長唄 付大薩摩浄瑠璃之部〉,第3巻〈義太夫節之部〉から成り,1912年,14年,27年に刊行。…

※「黒木勘蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

黒木勘蔵の関連キーワード検察官(司法)山田哲人秋山 登早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージプルーイン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone