コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超然内閣 ちょうぜんないかく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超然内閣
ちょうぜんないかく

議会の支持なしに組閣される内閣。政府が政党の意向にとらわれずに,「超然」として公正な政治を行うべきであると黒田清隆首相が 1889年明治憲法発布直後に演説したことから,こう呼ぶようになった。政党内閣に対するものであり,藩閥内閣として政党側から攻撃された。超然主義ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうぜん‐ないかく〔テウゼン‐〕【超然内閣】

明治・大正期、議会・政党の意思に制約されることなく政治を行った藩閥・官僚内閣。明治憲法発布の際、首相黒田清隆が、政府の独自性を強調して唱えたことから始まる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

超然内閣【ちょうぜんないかく】

1889年憲法発布式典参列の地方長官に対し,黒田清隆首相が訓示した見解。憲法運用上内閣は政党に左右されず,不偏不党を堅持すると主張し政党内閣を否認した。なお政党に基礎を置かずに組織した内閣もさす。
→関連項目清浦奎吾内閣黒田清隆内閣政党政治責任内閣制

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうぜんないかく【超然内閣】

明治から大正初期にかけ、政党の存在に左右されない政治を行なった藩閥・官僚内閣。 ⇔ 責任内閣

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超然内閣
ちょうぜんないかく

大日本帝国憲法下で政党に基礎を置かず超然主義にたった内閣に対して使われた呼称。政党内閣の反対概念。超然主義は初期の藩閥内閣に共通する政治方針であった。1889年(明治22)憲法発布直後の地方官会議で黒田清隆(きよたか)首相が、立憲制下では政党の存在は不可避だが、「政府ハ常ニ一定ノ方向ヲ取リ超然トシテ政党ノ外ニ立チ」政局にあたるべしと訓示したことから、一般に超然主義の呼称が使われるようになった。日清(にっしん)戦争前後から伊藤博文(ひろぶみ)派官僚は政党との妥協・提携による憲政の運営を図り、政党内閣にも道を開いたが、山県有朋(やまがたありとも)派官僚はこれに反対し、以後も同派の内閣は超然主義的立場をとるものが少なくなかった。[阿部恒久]
『指原安三著『明治政史』(1892・冨山房/明治文化研究会編『明治文化全集 2、三』所収・1928、29・日本評論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

超然内閣の関連キーワード加藤友三郎内閣加藤 友三郎松方正義内閣伊藤博文内閣寺内正毅内閣山本権兵衛立憲政友会関東大震災議院内閣制立憲同志会憲政の常道隈板内閣伊藤博文責任内閣藩閥政治清浦奎吾寺内正毅

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android