コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超然内閣 ちょうぜんないかく

5件 の用語解説(超然内閣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超然内閣
ちょうぜんないかく

議会の支持なしに組閣される内閣。政府が政党の意向にとらわれずに,「超然」として公正な政治を行うべきであると黒田清隆首相が 1889年明治憲法発布直後に演説したことから,こう呼ぶようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうぜん‐ないかく〔テウゼン‐〕【超然内閣】

明治・大正期、議会・政党の意思に制約されることなく政治を行った藩閥・官僚内閣。明治憲法発布の際、首相黒田清隆が、政府の独自性を強調して唱えたことから始まる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

超然内閣【ちょうぜんないかく】

1889年憲法発布式典参列の地方長官に対し,黒田清隆首相が訓示した見解。憲法運用上内閣は政党に左右されず,不偏不党を堅持すると主張し政党内閣を否認した。なお政党に基礎を置かずに組織した内閣もさす。
→関連項目清浦奎吾内閣黒田清隆内閣政党政治責任内閣制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちょうぜんないかく【超然内閣】

明治から大正初期にかけ、政党の存在に左右されない政治を行なった藩閥・官僚内閣。 ↔ 責任内閣

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

超然内閣
ちょうぜんないかく

大日本帝国憲法下で政党に基礎を置かず超然主義にたった内閣に対して使われた呼称。政党内閣反対概念。超然主義は初期の藩閥内閣に共通する政治方針であった。1889年(明治22)憲法発布直後の地方官会議黒田清隆(きよたか)首相が、立憲制下では政党の存在は不可避だが、「政府ハ常ニ一定ノ方向ヲ取リ超然トシテ政党ノ外ニ立チ」政局にあたるべしと訓示したことから、一般に超然主義の呼称が使われるようになった。日清(にっしん)戦争前後から伊藤博文(ひろぶみ)派官僚は政党との妥協・提携による憲政の運営を図り、政党内閣にも道を開いたが、山県有朋(やまがたありとも)派官僚はこれに反対し、以後も同派の内閣は超然主義的立場をとるものが少なくなかった。[阿部恒久]
『指原安三著『明治政史』(1892・冨山房/明治文化研究会編『明治文化全集 2、三』所収・1928、29・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

超然内閣の関連キーワード上田耕甫聟島一銭蒸汽インク唐行き善か善か飴明治かぞくのコーヒー明治カマンベール入り 6Pチーズガラス乾板北海道釧路市大町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超然内閣の関連情報