黒石寺(読み)こくせきじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒石寺(こくせきじ)
こくせきじ

岩手県奥州(おうしゅう)市水沢(みずさわ)区黒石町にある天台宗の寺。山号は妙見山(みょうけんざん)。「くろいしでら」ともいう。729年(天平1)行基菩薩(ぎょうきぼさつ)の開基と伝える古刹(こさつ)で、東光山薬師寺と称していたが、延暦(えんりゃく)年間(782~806)兵火により焼失、その後807年(大同2)に慈覚(じかく)大師(円仁(えんにん))が中興して現在の寺号となった。もとは修験(しゅげん)(山伏)の寺であり、胆沢(いさわ)城鎮守の式内社である石手堰(いわてい)神社の別当寺として、盛時には48の伽藍(がらん)があったと伝え、一帯に多くの寺跡がある。本尊の木造薬師如来(にょらい)像は胎内に貞観(じょうがん)4年(862)の銘があり、木造僧形坐像(ざぞう)とともに国の重要文化財に指定されている。そのほか四天王立像、十二神将立像、日光菩薩像、月光菩薩像(以上は県指定文化財)などを蔵する。蘇民袋(そみんぶくろ)を争奪する蘇民祭(旧暦1月7~8日)は勇壮な祭りとして名高い。[中山清田]
『司東真雄著『古代文化の黒石寺』(1982・亀梨文化店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒石寺の関連情報