コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒砂 くろずなblack sand

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒砂
くろずな
black sand

ブラックサンドともいう。砂浜で波や海流によって重鉱物が密集した堆積物総称。重鉱物は磁鉄鉱チタン鉄鉱が多く鉄鉱床となる。輝石角閃石などが混ることもある。日本では岩手県青森県の太平洋岸にあり,北アメリカ,旧ソ連,アフリカなどの地域に産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

黒砂

この語は一般に磁鉄鉱やイルメナイトなど,暗色の重鉱物の砂鉱床に用いる.大西洋カナリア諸島のテネリフェ(Teneriffe)島の海浜砂など暗色熔岩の破片からなる砂の記述にも用いられた[Twenhofel : 1950, Pettijohn, et al. : 1975].アスファルト質の砂の記載にも用いられた[Taliaferro & Stanfield : 1946].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くろずな【黒砂】

海浜において波などの作用により、磁鉄鉱・チタン鉄鉱・金紅石・輝石・角閃石などの重鉱物が集められた局所的な堆積物。ときに砂鉄鉱床を形成。岩手・青森県の太平洋岸などに見られる。
〔普通「くろすな」〕 海岸砂丘の中に挟まれている黒色の砂層。埋没した古土壌の一つで、かつて砂丘が固定され、その表面を植生が覆っていたことを示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黒砂の関連キーワードワイアナパナパ州立公園利休饅頭/利久饅頭ブラウンシュガープナルウ黒砂海岸オランダせんべい湯の花まんじゅうブラックサンド晃麓まんじゅう鶴子まんじゅう武平まんじゅうプナルウ海岸ワイピオ渓谷ふくれ菓子ポロル渓谷小松 七郎おもかげ黒糖焼酎利休饅頭海岸砂丘薄皮饅頭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒砂の関連情報