コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高円山 たかまどやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高円山
たかまどやま

奈良市の中心市街地の南東部,春日山の南に連なる山。標高 432m。花崗岩類から成り,雑木林におおわれる。山頂の展望にすぐれ,西麓にハギと五色ツバキで知られる白毫寺がある。奈良奥山ドライブウェーが通じ,春日山とともに万葉散策コースとなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たかまど‐やま【高円山】

《古くは「たかまとやま」》奈良市春日山の南に続く山。西麓に聖武天皇の離宮があった。[歌枕
「ますらをのさつ矢手(た)挟み立ち向かふ―に春野焼く」〈・二三〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかまどやま【高円山】

奈良市街地の南東,春日山(かすがやま)の南にある標高432mの山。中腹には,天智天皇の皇子志貴皇子(しきのみこ)の離宮を寺としたと伝えられる白毫(びやくごう)寺がある。《万葉集》には,聖武天皇が〈高円の野〉で遊猟したときの歌や,同天皇の離宮と考えられる〈高円の宮〉を詠んだ歌などがみえる。歌枕で,萩や月など秋の景物がよく詠まれる。春日櫛木 謙周】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たかまどやま【高円山】

〔古くは「たかまとやま」〕 奈良市の春日山の南に連なる山。海抜432メートル。⦅歌枕⦆ 「敷嶋や-の雲まより光さしそふゆみはりの月/新古今 秋上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高円山
たかまどやま

奈良市街地の東にある山。標高432メートル。雑木林に覆われる花崗(かこう)岩類の山で、高円山ドライブウェーが山頂まで通じる。頂上は展望に優れる。『万葉集』に多く詠まれており、聖武(しょうむ)天皇の離宮尾上宮(おのうえのみや)があった所と伝えられる。西側中腹に五色椿(つばき)と萩(はぎ)で知られる真言(しんごん)律宗の高円山白毫(びゃくごう)寺がある。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高円山の関連キーワード奈良県奈良市白毫寺町高円の尾上の宮

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高円山の関連情報