コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻茸 ハナタケ

デジタル大辞泉の解説

はな‐たけ【鼻×茸】

鼻炎などの際に、鼻腔にできるキノコ状の腫瘤(しゅりゅう)。数や大きさはさまざま。鼻ポリープ

び‐じ【鼻×茸】

はなたけ」に同じ。

び‐じょう【鼻×茸】

はなたけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鼻茸【はなたけ】

ポリープともいう。慢性の鼻炎副鼻腔炎蓄膿症)に際して鼻粘膜に生じる炎症性突起物。軟繊維腫で内部に血管や粘液腺も認められる。アレルギーと関連が深い。好発部位は中鼻介と中鼻道。
→関連項目鼻血ポリープ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はなたけ【鼻茸 nasal polyps】

鼻粘膜とくに上顎洞および篩骨洞慢性炎症によって自然孔付近より発生する粘膜浮腫。鼻鏡検査では,表面がつるつるした軟らかい蒼白ないしは灰白色の光沢あるキノコ状腫瘤として認められる。慢性副鼻腔炎(蓄膿症)のほかアスピリン過敏症,鼻アレルギーの人にもできやすいといわれる。発生原因は,感染,アレルギーなどいくつかあるらしいが,よくわかっていない。組織学的には,扁平上皮が変形したと思われる上皮でおおわれ,血管や細胞は少ないのが普通であるが,ときには軽く触れただけで容易に出血を起こすものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はなたけ【鼻茸】

副鼻腔炎や鼻炎の分泌物の刺激によって、鼻粘膜に生じた組織塊。鼻ポリープ。びじょう。

びじ【鼻茸】

びじょう【鼻茸】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼻茸
はなたけ

「びじょう」とも読み、ポリープの一種で、鼻ポリープともいう。鼻腔(びくう)の粘膜が炎症によって浮腫(ふしゅ)性に腫(は)れ、有茎の腫瘍(しゅよう)状になったものである。1個だけの場合と小さな鼻茸が多数ある場合とがある。症状は鼻閉(鼻づまり)が主で、このための嗅覚(きゅうかく)減退や頭痛がある。鼻茸にはかならず鼻炎が伴っているので、その症状としての鼻漏過多やくしゃみを伴う。原因は不明であるが、アレルギーに関係しているという説が有力である。中鼻道に好発する。ときに表面が鮮紅色で出血しやすいものがあり、出血性鼻茸といい、鼻中隔に多い。孤立性で上顎洞(じょうがくどう)開口部より出て後鼻孔の方向へ拡張する非常に大きいものがあり、後鼻孔ポリープとよばれ、小児に多くみられる。治療は切除によることが多いが、除去後の治療をよく行わないと再発することが多い。[河村正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鼻茸の関連キーワード慢性副鼻腔炎(蓄膿症)鼻のしくみとはたらき鼻茸(鼻ポリープ)子どもの音声障害コルチゾントキンソウ嗅覚障害片倉鶴陵片倉元周分泌物

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android