コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

BHC ビーエイチシーbenzene hexachloride

6件 の用語解説(BHCの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

BHC
ビーエイチシー
benzene hexachloride

C6H6Cl6 。1分子のベンゼンに6原子の塩素が付加したもので,殺虫剤として広く用いられた。有機塩素系剤。 BHCには7種 ( α~θ ) が知られている。このうち γ-BHC の殺虫性が顕著であり,農薬リンデンは γ- 体を 99%以上も含むものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐エッチ‐シー【BHC】[benzene hexachloride]

benzene hexachloride》有機塩素系の殺虫剤。ベンゼン環に六つの塩素が付加した形の化合物。8種の異性体があり、そのうちγ(ガンマ)異性体が殺虫性を示す。発癌(はつがん)性があり、現在は使用禁止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

BHC【ビーエッチシー】

ベンゼンヘキサクロライドC6H6Cl6の略称。化学名は,ヘキサクロロシクロヘキサン。有機塩素系殺虫剤の一種。多くの立体異性体があり,γ異性体の殺虫力が最も大。
→関連項目殺虫剤有機塩素化合物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーエッチシー【BHC】

有機塩素系殺虫剤の一つ。benzen hexachlorideの略だが,化学名は1,2,3,4,5,6‐hexachlorocyclohexaneである。9種の立体異性体が存在し,そのうち8種(α~θまでのギリシア文字がつけられている)が合成されている。これらの中で,γ異性体の殺虫力が最も高いことが,イギリスのスレードR.E.Sladeらによって1942年に見いだされ,きわめて有効な殺虫剤として広く用いられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

BHC

〖benzene hexachloride〗 〔正式名称は 1, 2, 3, 4, 5, 6-hexachlorocyclohexane〕
有機塩素系殺虫剤の一。化学式 C6H6Cl6 8 種の異性体中、γ体が殺虫剤として用いられたが、蓄積性があるため、現在では使用・製造とも禁止。HCH。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BHC
びーえいちしー

ベンゼンヘキサクロリドbenzenhexachlorideの略称であるが、この化合物はベンゼンに塩素を付加したものであるから、正式化学名は1,2,3,4,5,6-hexachlorocyclohexaneである。日本で命名した誤名のBHCが国際的になった。1825年ファラデーが初めて合成し、1912年リンデンTeunis van der Linden(1884―1965)が4個の配座異性体を発見、1941年になって殺虫力のあることが発見された。1942年スレードRoland Edgar Slade(?―1968)が詳細な研究を行い、異性体中でγ(ガンマ)と命名するものが抜群に殺虫力をもつことを発表した。各種の害虫に対して接触毒、食毒、燻蒸(くんじょう)毒作用をもち、日本では1949年(昭和24)から水田や果樹や野菜の害虫防除とともに、ハエ、カ、ノミなど衛生害虫の防除にも広く大量の製剤が使用され、奏効を呈した。自然界で分解しにくいために食物連鎖で生物濃縮され、最終的に人体へ蓄積するおそれを考慮し、1971年より日本では使用が禁止された。[村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

BHCの関連キーワードBHCベンゼンヘキサクロリドBHC

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

BHCの関連情報