GIAHS(読み)ジアス

デジタル大辞泉の解説

ジアス【GIAHS】[globally important agricultural heritage systems]

globally important agricultural heritage systems》国連食糧農業機関(FAO)が、伝統的な農業の手法・文化、生態系との共生環境などをもつ地域を認定し、それを保全する制度。2002年より開始。世界重要農業遺産システム世界農業遺産
[補説]日本のGIAHS認定地
新潟県佐渡地域「トキと暮らす郷づくり」(平成23年)
石川県能登地域「能登の里山里海」(平成23年)
静岡県掛川周辺地域「静岡の茶草場農法」(平成25年)
大分県国東半島宇佐地域「クヌギ林とため池がつなぐ資源の循環」(平成25年)
熊本県阿蘇地域「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(平成25年)
岐阜県長良川上中流域「清流長良川の鮎」(平成27年)
和歌山県みなべ田辺地域「みなべ・田辺の梅システム」(平成27年)
宮崎県高千穂郷・椎葉山地域「山間地複合的農林業システム」(平成27年)
宮城県大崎地域「『大崎耕土』の巧みな水管理による水田農業システム」(平成29年)
静岡県わさび栽培地域「静岡水わさびの伝統栽培(発祥の地が伝える人とわさびの歴史)」(平成30年)
徳島県にし阿波地域「にし阿波の傾斜地農耕システム」(平成30年)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GIAHSの関連情報