コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界農業遺産 せかいのうぎょういさん Globally Important Agricultural Heritage Systems; GIAHS

4件 の用語解説(世界農業遺産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界農業遺産
せかいのうぎょういさん
Globally Important Agricultural Heritage Systems; GIAHS

食料の安定確保を目指す国際組織国連食糧農業機関 FAOが,衰退しつつある伝統的な農業,文化風習,生物多様性などの保全を目的に 2002年に開始した認定制度。正式名称は世界重要農業資産システム GIAHS(ジアス)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界農業遺産

地域環境を生かした伝統的農法や、生物多様性が守られた土地利用のシステムを次世代に残す目的で2002年に創設された。国連食糧農業機関(FAO)が認定する。11月までに世界14カ国32地域が選ばれた。日本ではこれまで、「能登の里山里海」(石川)、「トキと共生する佐渡の里山」(新潟)、「静岡の茶草場農法」(静岡)、「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本)、「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」(大分)の計5地域が選ばれていた。

(2015-12-16 朝日新聞 朝刊 和歌山3・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せかい‐のうぎょういさん〔‐ノウゲフヰサン〕【世界農業遺産】

(「世界重要農業遺産システム」の略)⇒ジアス(GIAHS)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

世界農業遺産

国連食糧農業機関(FAO)が提唱している世界重要農業遺産システム(Globally Important Agricultural Heritage Systems)の略称。伝統的な農業・農法や、農業によって育まれた文化風習・生物多様性・農村景観などの保全を目的に、世界的に重要な地域をFAOが認定する制度。2002年に創設された。日本では11年に新潟県佐渡と石川県能登、13年に熊本県阿蘇、大分県国東半島・宇佐、静岡県掛川が認定されている。

(2013-5-31)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界農業遺産の関連キーワード日本ユネスコ国内委員会ユネスコエコパーク医籍ICOMOSユネスコ条約ユネスコの無形文化遺産ユネスコ・エコパークユネスコ記憶遺産事業(MOW)ユネスコ無形文化遺産register

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界農業遺産の関連情報