コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界農業遺産 せかいのうぎょういさんGlobally Important Agricultural Heritage Systems; GIAHS

4件 の用語解説(世界農業遺産の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界農業遺産
せかいのうぎょういさん
Globally Important Agricultural Heritage Systems; GIAHS

食料の安定確保を目指す国際組織国連食糧農業機関 FAOが,衰退しつつある伝統的な農業,文化風習,生物多様性などの保全を目的に 2002年に開始した認定制度。正式名称は世界重要農業資産システム GIAHS(ジアス)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

世界農業遺産

地域環境を生かした伝統的農法や、生物多様性が守られた土地利用のシステムを次世代に残す目的で2002年に創設された。国連食糧農業機関(FAO)が認定する。11月までに世界14カ国32地域が選ばれた。日本ではこれまで、「能登の里山里海」(石川)、「トキと共生する佐渡の里山」(新潟)、「静岡の茶草場農法」(静岡)、「阿蘇の草原の維持と持続的農業」(熊本)、「クヌギ林とため池がつなぐ国東半島・宇佐の農林水産循環」(大分)の計5地域が選ばれていた。

(2015-12-16 朝日新聞 朝刊 和歌山3・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せかい‐のうぎょういさん〔‐ノウゲフヰサン〕【世界農業遺産】

(「世界重要農業遺産システム」の略)⇒ジアス(GIAHS)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

知恵蔵miniの解説

世界農業遺産

国連食糧農業機関(FAO)が提唱している世界重要農業遺産システム(Globally Important Agricultural Heritage Systems)の略称。伝統的な農業・農法や、農業によって育まれた文化風習・生物多様性・農村景観などの保全を目的に、世界的に重要な地域をFAOが認定する制度。2002年に創設された。日本では11年に新潟県佐渡と石川県能登、13年に熊本県阿蘇、大分県国東半島・宇佐、静岡県掛川が認定されている。

(2013-5-31)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世界農業遺産の関連情報