コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Gregorius グレゴリウスGregorius

デジタル大辞泉の解説

グレゴリウス【Gregorius】[人名]

ローマ教皇16人の名。グレゴリーグレゴリオ
(1世)[540ころ~604]在位590~604。伝道を強化し、諸民族の改宗などを行い、教皇権の政治的地位を確立。グレゴリオ聖歌の集大成を行った。
(7世)[1020ころ~1085]在位1073~1085。本名、ヒルデブラント。教皇権の確立、教会の浄化に努力。叙任権問題でドイツ皇帝ハインリヒ4世を破門し、「カノッサの屈辱」でこれを赦免した事件で有名。のち同皇帝にローマを追われ、サレルノで憤死。
(13世)[1502~1585]在位1572~1585。新教の勢力拡大に対抗するとともに、教会内部の改革を推進。1582年、グレゴリオ暦を制定。日本からの天正遣欧使節を接見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

Gregoriusの関連キーワードハルトマン・フォン・アウエグレゴリウスまたは善き罪人グレゴリウス[1世]アルビジョア十字軍アビニョン教皇庁ヒルデブラントウィクリフ対数関数十字軍解析学教皇権在位

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Gregoriusの関連情報