コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憤死 フンシ

デジタル大辞泉の解説

ふん‐し【憤死】

[名](スル)
激しい怒りのうちに死ぬこと。
「―するかと想うばかりの険相で」〈紅葉・二人女房〉
野球で、ランナーが惜しいところでアウトになること。「本塁突入むなしく憤死する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんし【憤死】

( 名 ) スル
憤慨のあまり死ぬこと。 「姦臣かんしんの讒ざんにあって-する」
野球で、走者が惜しいところでアウトになること。 「本塁で-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

憤死の関連キーワード分・刎・吻・噴・墳・奮・忿・憤・扮・焚・粉・糞・紛・芬・雰司馬遷(中国、前漢の歴史家)ポール・ロアイヤル運動ロシア軍艦対馬占拠事件グレゴリウス(7世)『東海道四谷怪談』Gregorius岸沢式佐(3代)サルゴン(2世)ボニファチウス東海道四谷怪談民谷伊右衛門アフリカ神話アナーニ事件市川小団次クライストオセアニア高木 俊朗淡路(市)神霊矢口渡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憤死の関連情報