憤死(読み)ふんし

精選版 日本国語大辞典「憤死」の解説

ふん‐し【憤死】

〘名〙
① 憤って死ぬこと。憤慨のあまり死ぬこと。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「主人の憤死(フンシ)を遂たること是咸(みな)安藤閣老の成す所為なりと」
② 野球で、ランナーが惜しいところでアウトになること。
※日本野球史(1929)〈国民新聞社運動部〉二A対一早軍惜敗す「小川の遊撃ゴロ二塁に致されて憤死(フンシ)す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「憤死」の解説

ふん‐し【憤死】

[名](スル)
激しい怒りのうちに死ぬこと。
「―するかと想うばかりの険相で」〈紅葉・二人女房〉
野球で、ランナーが惜しいところでアウトになること。「本塁突入むなしく憤死する」
[類語]亡くなる死する没するめいする事切れる身罷みまか先立つ旅立つ絶命絶息永眠果てる眠るたおれる死去する死亡する死没する物故する瞑目めいもくする逝去せいきょする長逝ちょうせいする永逝えいせいする他界する昇天する往生おうじょうする落命する急逝きゅうせいする急死する頓死とんしする横死する夭折ようせつする夭逝ようせいする息を引き取る冷たくなるえなくなる世を去る帰らぬ人となる不帰の客となる死出の旅に出る亡き数に入る鬼籍に入る幽明さかいことにする黄泉こうせんの客となる命を落とす人死に物化まかくたばる絶え入る消え入るはかなくなる絶え果てる空しくなる仏になる朽ち果てる失命夭死臨終ぽっくりころり突然死即死

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「憤死」の解説

【憤死】ふんし

いきどおり死ぬ。〔輟耕録、二十五、秦蜀を論ず〕夫(そ)れ(曹)姦雄なるを以て、其の王、其のほ必ず天子の命を待つ。(曹)丕のを以てするも、亦必ず獻の禪(ゆづ)りを待てり。

字通「憤」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android