コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カノッサの屈辱 カノッサのくつじょくHumiliation at Canossa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カノッサの屈辱
カノッサのくつじょく
Humiliation at Canossa

叙任権闘争 (→叙任権論争 ) の過程で,1077年1月,神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世が破門の赦免を求めて,北イタリアのカノッサ城に滞在中のローマ教皇グレゴリウス7世の前に屈服した事件。雪のなかで皇帝は3日間城外にたたずんだという。赦免を得た皇帝はまもなく教皇に反撃,教皇を捕え,皇帝,教皇の抗争はそののち約半世紀間続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カノッサ‐の‐くつじょく【カノッサの屈辱】

聖職叙任権をめぐって教皇グレゴリウス7世から破門された神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世が、教皇滞在中の北イタリアのカノッサ(Canossa)城の門前で雪の中を3日間たたずんで赦免を請い、許された事件。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カノッサの屈辱【カノッサのくつじょく】

中世の叙任権闘争で皇帝権が教皇権に屈服した象徴的事件(1077年)。神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世は1076年教皇グレゴリウス7世の廃位を要求,逆に破門された。ドイツ諸侯の反乱を恐れる皇帝は北イタリアのカノッサCanossaに教皇をたずね,恭順の意を表して破門を解かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

カノッサの屈辱

中世において皇帝権が教皇権に屈服した、最大かつ最も象徴的な事件。一〇七七年、対立していたローマ教皇グレゴリウス七世に破門を宣告された神聖ローマ帝国皇帝ハインリヒ四世は、北イタリアのカノッサ城の教皇を訪れ、三日間、雪の上で赦免を請い、ようやく破門を解かれた。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カノッサの屈辱

日本のテレビ番組。フジテレビ制作の情報バラエティ。放映は1990年4月~1991年3月。初回放映時間は火曜日0時40分(月曜深夜)。出演:仲谷昇。ハンバーガーシャンプーなど現代のさまざまな商品や流行の歴史を、教授による講義という設定で教育番組風に紹介する番組。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カノッサのくつじょく【カノッサの屈辱】

1077年,ドイツ王(のち神聖ローマ皇帝)ハインリヒ4世がローマ教皇グレゴリウス7世に屈服し赦免を得た事件。叙任権闘争クライマックスをなす。両者の争いは1076年初頭,破門・廃位宣言の応酬で開始されたが,かねてから歴代諸皇帝の集権政策に不満を抱くドイツ諸侯は,王が教皇から破門を宣せられると,これを王権抑制の好機と考え,翌年2月2日までに破門が解かれぬ場合は王を廃位すると決議した。王はこの危機を回避するため,77年1月末,北イタリアのアペニノ山中のカノッサCanossa城に滞在する教皇を訪ね,雪中3日間悔悛の衣をまとい裸足で城門の前にたたずんで教皇に哀願し,ようやく破門を解いてもらった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カノッサのくつじょく【カノッサの屈辱】

教皇グレゴリウス七世に聖職叙任権をめぐって破門された神聖ローマ皇帝ハインリヒ四世が、1077年、教皇滞在中の北イタリア、カノッサ(Canossa)城の城門前で、雪の中を三日間立ち尽くして許しを得たと伝えられる事件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カノッサの屈辱
かのっさのくつじょく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカノッサの屈辱の言及

【キリスト教】より

…先にクリュニーの修道士であったグレゴリウス7世は,教会法学者ペトルス・ダミアニの熱烈な支持をうけて,1076年のウォルムス会議でドイツ皇帝ハインリヒ4世を破門にした。翌年この皇帝がカノッサに赴いて悔悛した話はあまりに有名である(カノッサの屈辱)。闘争は1122年のウォルムス協定および翌年の第1ラテラノ公会議で,ドイツ皇帝は教会からうける指輪(司教権を象徴するもの)と司牧杖を放棄し,他方教皇は国王の選挙に参加しないとの協定を結んで終息した。…

【グレゴリウス[7世]】より

…この破門宣告による事態悪化と失脚を恐れた皇帝は,3日間雪の中にたたずんで教皇の赦免を乞わざるをえなかった。世にいう〈カノッサの屈辱〉である。しかし破門を解かれた皇帝は再び教皇を廃位し,対立教皇にクレメンス3世(在位1084‐1100)を立て,ローマの教皇を攻囲した。…

※「カノッサの屈辱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カノッサの屈辱の関連情報