コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

MS-DOS エムエスドスMS-DOS

翻訳|MS-DOS

IT用語がわかる辞典の解説

エムエスドス【MS-DOS】

マイクロソフトが1981年に開発したパソコン向けオペレーティングシステムIBM PC/ATに採用されて幅広く普及し、事実上の業界標準(デファクトスタンダード)となった。後のWindowsと異なりCUIを採用し、キーボードからコマンドを入力して操作する。◇「Microsoft disk operating system」から。略して「DOS(ドス)」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のMS-DOSの言及

【オペレーティングシステム】より

…原型はMachである。MS-DOSエムエスドス。マイクロソフト社のインテル86系16ビットCPU向け,コマンドインターフェース型のOS。…

※「MS-DOS」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

MS-DOSの関連キーワードゲイツ(William H. Gates Ⅲ)Apple File ExchangeSMARTDriveディスクキャッシュMicrosoft Windowsマルチコンフィギュレーション機能コンベンショナルメモリーSMARTDRV.EXEディレクトリエントリーWindows 3.1COMMAND.COMMSMSMSホームディレクトリースイッチキャラクターconfig sysIBM PCCONFIG.SYSMSCDEX.EXEDOS互換ボックス

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android