コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

O脚 オーきゃくbowleg; O-bein; genu varum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

O脚
オーきゃく
bowleg; O-bein; genu varum

内反膝ともいう。足をそろえて立った場合に両膝関節の間が開くものをいう。俗に「がにまた」などという。これに対して,膝から下が外に開き,膝を密着させても両くるぶしがつかないものはX脚 (外反膝) という。日本人では,生後1年ぐらいはO脚で,2~3歳頃からX脚となり,4~10歳で自然に正常に戻るという例が多い。生理的なO脚,X脚のほかに,以前は佝僂 (くる) 病などによるものが多かったが現在ではほとんど見られない。大半は姿勢からくるものと考えられている。両膝やくるぶしの間に指が,O脚で2本以上,X脚で3本以上入るようならば,装具をつけて矯正する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

オー‐きゃく【O脚】

膝関節(しつかんせつ)の所で、左右の脚が外側に曲がってO字状を呈するもの。内反膝(ないはんしつ)。→X脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

O脚【オーきゃく】

内反膝(ないはんしつ)ともいう。X脚と反対に,大腿骨と脛骨とが内側に開く角をなすもの。いわゆる〈がにまた〉である。乳幼児は生理的にややO脚で,4〜5歳になってややX脚になる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

おーきゃく【O脚 Bow Leg】

[どんな病気か]
 いわゆるがに股(また)のことで、立ったときに、両側の脚(あし)が外側に凸に変形していて、両膝(りょうひざ)の間が開き、O型に見える状態をO脚といいます。
 片側だけ弯曲(わんきょく)している場合は内反膝(ないはんしつ)といい、両側性の内反膝がO脚です。
 ほとんどの子どもは、2歳までは軽いO脚(生理的O脚)ですが、成長とともに自然に改善され、3歳ではむしろX脚(エックスきゃく)(「X脚」)になります。
 したがって、2歳をすぎてもO脚の程度が強いときは、注意が必要です。
[症状]
 両足首をつけて立って、両膝の間に、おとなの指が3本以上入るときは、O脚変形が強いといえます。
 O脚の子どもは、内股(うちまた)歩き(内旋歩行(ないせんほこう))をするので、転びやすかったり、疲れやすかったりします。
 X線写真では、骨に病的な変化がみられない場合がほとんどですが、まれに、脛骨(けいこつ)(すねの大きな太い骨)の膝のところの関節面に発育異常がおこるブラウント病が生じている場合があります。
 また、全身の骨の発育障害を生じるくる病(「くる病(子どもの骨軟化症)」)や、骨の異常をともなうさまざまな病気でも、強いO脚がみられることがあります。
[治療]
 子どものO脚の大部分は年齢的な変形で、成長するとともに自然に矯正されますから、とくに治療する必要はありません。
 以前は、矯正靴を使って治療していましたが、その治療効果は、何もしないで自然に矯正される度合いと差がないことから、現在では矯正靴は使用されなくなっています。
 ブラウント病は、軽症であれば成長とともに自然に治りますが、重症の場合は、変形が進むので、手術が必要となります。
 くる病によるO脚は、ビタミンDなどの薬剤の服用でくる病が改善されれば、変形も治ってきます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オーきゃく【O脚 bow leg】

両下肢がひざを中心に外側に凸に湾曲して,全体としてO字形をなす下腿の湾曲と大腿を含む下肢の変形をいう。俗にいう〈がにまた〉。ひざが外側に凸に湾曲することを内反膝(ないはんしつ)というが,O脚は両側のひざに起こっている状態である。乳児は生理的に軽いO脚であるが,発育に伴ってその度が減少し,2~3歳以後は軽度のX脚になるのが普通である。しかし3~4歳以後になってなお外見上目立つもの,両ひざの間に指が2~3本入るようなものは病的なO脚であると考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

O脚
おーきゃく

(ひざ)を頂点として下肢が外方へ凸に彎曲(わんきょく)したものを内反膝(ないはんしつ)といい、両側性の場合をO脚とよぶ。俗に「がにまた」とよばれる。O脚は内反膝とともに大腿(だいたい)内反と下腿内反が存在し、下肢全体が外方へ凸に彎曲していることが多い。生後1年くらいまでは生理的に軽度のO脚であるが、高度のものは病的である。なお、両側性の外反膝はX脚とよぶ。
 O脚は、くる病、骨軟化症、先天梅毒などでもおこるが少なく、おもに下肢の発育に比べて体重が過重な幼児に多く、下肢の発育が十分でない乳児を無理に起立させることも一原因となる。起立姿勢をとったときに両膝がくっつかず、歩くと上体が左右に大きく揺れるので気づく。徒手あるいは装具による矯正で治癒する可能性があるが、年長児になると矯正手術が必要である。高年者の変形性膝関節(しつかんせつ)症ではO脚を合併することがしばしばあり、膝関節痛が頑固で手術的治療を要することがある。そのほか、内反膝は膝部の外傷や炎症などの疾患の後遺症としてみられることもあり、原因疾患の治療を要する。[永井 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

O脚の関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかりくる病(子どもの骨軟化症)続発性変形性関節症関節手術のいろいろカシン‐ベック病カシン=ベック病変形性膝関節症変形性関節症オーきゃく長澤ゆかり土方巽X 脚

O脚の関連情報