コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

PMS ピーエムエス PMS

翻訳|PMS

3件 の用語解説(PMSの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピー‐エム‐エス【PMS】[premenstrual syndrome]

premenstrual syndrome月経周期の後半に始まり、月経の開始とともに治まる病気。いらいら・怒り・憂鬱・不安・集中力の低下・無気力・眠気・不眠などの精神的症状や、頭痛・乳房の張りや痛み・下腹痛・肌あれ・むくみ・肩こり・便秘などの身体的症状のうち、複数が同時に現れる。排卵後の黄体期に始まることから、月経周期に伴うエストロゲンプロゲステロンなどの分泌の変化が関与していると考えられるが、詳細な原因は不明。精神的症状が特に重い場合は、PMDDとして区別される。月経前症候群月経前緊張症PMT;premenstrual tension)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

PMS

〖post-marketing surveillance〗
市販後調査。承認された医薬品の安全性を確認するため、製薬会社に義務づけられた市販後の追跡調査。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

PMS
ぴーえむえす

performance management systemの略。航空機に搭載し、あらかじめ装置に記憶させた航空機の性能に基づいて航行データを算出し、表示、操縦を行う機能を統合したコンピュータシステム。同じようなコンピュータシステムにFMSflight management systemの略)がある。
 PMSは民間輸送機の運航をより安全に、効率よく行わせて経済性を向上させることを目的に開発された。すなわち風速、気温などの外的条件や重量が絶えず変化する運航環境の下で、操縦士が実際にこれに対応して理想的な運航を行うことには限界がある。そこで、操縦士にかわってこうした運航を自動的に行うシステムが必要となってきた。1972年の石油ショックによる燃料費の高騰を機に実用化が進められたが、現在は世界的な規制緩和政策による激しい企業間の競争に基づく経営合理化の一端としてしだいに広く採用されるようになった。
 このシステムはコンピュータと制御表示装置(CDU control display unit)とで構成され、CDUのキーボードを操作して入力した機体重量、予定コース、予定高度の情報と、飛行中にINS(慣性航法装置)や、IRS(inertial reference system)、各センサーと他のシステムから得られた高度、速度、外気温度、風向、風速、航空機の現在位置などの情報から、コンピュータが燃料節約上最適の速度と飛行経路を算出し、オートパイロットとオートスロットルシステムを制御して、効率のよい運航を行わせ、同時に操縦士に対しては必要な情報をCDUに表示するようになっている。
 いいかえれば、このシステムは、これまで実際の運航にあたって乗員が参照していた手引書(マニュアル)をコンピュータに収めたもので、必要なときに必要なデータを自動的に操縦装置に入力し、表示することによって航空機の性能管理と航行の自動化の二つの機能を果たす装置である。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PMSの関連キーワード月経前症候群PMTPMDDpremenstrual tension

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

PMSの関連情報