コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロメテウス Promētheus

翻訳|Promētheus

デジタル大辞泉の解説

プロメテウス(Promētheus)

ギリシャ神話で、ティタン(巨人神族)の一人。アトラス・エピメテウスの兄弟。天上の火を盗んで人間に与えた罰として、ゼウスの命でカウカソス山に鎖でつながれ、毎日、鷲(わし)に肝を食われるが、ヘラクレスに救われる。
(Prometheus)土星の第16衛星。1980年に発見。名はに由来。土星に4番目に近い。非球形で細長く長径は約150キロ、短径は約70キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

プロメテウスの関連キーワードスコット(Ridley Scott)アウストラロピテクス類フランケンシュタインプロメテウスの創造物ビクトル・マイヤー法プロメテウス解縛シュピッテラープロメチウムオランダ文学プロメテウス単独密偵シェリー黒鮪魳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロメテウスの関連情報