コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(■1)∥綺 いろい

1件 の用語解説((■1)∥綺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いろい【(■1)∥綺】

関与,干渉,手出し,反抗といった意味で古くから広く使われた言葉。今日でも方言として残っている。中世においては,所領支配に関して,実力を行使しての不当な侵害,押領をさしていう場合にこの言葉が多く使われた。たとえば,謀反人の所領以外での〈地頭のを停止させよ〉とか,寺院の一元的な支配地であるので〈国衙のを止める〉というように。当時,同様の意味をもつ言葉として口入(くにゆう)があったが,口入が主として弁論をもってする,いわば口出し,交渉であり,またその言葉自体には非難の意はこめられていなかったのに対して,はむしろ実力行使をともなう,いわば手出し,干渉であり,その言葉自体に非難の意がこめられていたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone