コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(御)玉串料 たまぐしりょう

献辞辞典の解説

(御)玉串料

玉串に代えてという意味合いがあります。神道にお いて、通夜祭葬場祭(葬儀告別式)又は霊祭(法要)の際に、葬祭の祭祀祈祷のお祓いを頂いた 神社神官に対して贈る謝礼、及び祝い儀式や厄払いなどで神社に詣でた際や、地鎮祭・棟上 げの儀式などで、祭祀祈祷のお祓いを頂いた神社や神官に対して贈る謝礼の表書き献辞(上 書き)に用いられます。また、通夜祭・葬場祭(葬儀告別式)又は霊祭(法要)の際の、喪家に対して贈る弔い金の表書き の献辞(上書き)にも用いることが出来ます。「玉串」とは、玉串奉奠をする際などに用いる、榊に御幣(四手ともいう)を付けたもののことを言います。

出典|(株)ササガワ献辞辞典について | 情報

(御)玉串料の関連キーワード玉串料と真榊(まさかき)政教分離訴訟信教の自由初穂料香典

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android