コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『土佐日記』 トサニッキ

2件 の用語解説(『土佐日記』の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

『土佐日記』

紀貫之
男もすなる日記といふものを女もしてみんとてするなり。\(九三五頃)

『土佐日記』

紀貫之作。土佐国守の任期を終えた貫之一行が、土佐を発つ承平四(九三四)年一二月二一日から、翌年二月一六日に京に戻るまでの五五日間の旅日記。女性に仮託して仮名文で書かれる。亡き愛児への追慕、世相批判、自己省察に加え、随所に和歌を織り込みつつ歌論的批評を展開する。女性の視点から観察を試みることで女流日記文学への道を開いた。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『土佐日記』の関連キーワード土佐日記大堰川行幸和歌序勤め上げる躓き貫之遷代稲田貫之丞紀文正貫之女野見嶺南

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

『土佐日記』の関連情報