コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

あ[五十音]

五十音図ア行の第1音。五母音の一。後舌の開母音。[a]
平仮名「あ」は「安」の草体片仮名「ア」は「阿」の偏から変化したもの。

あ[感]

[感]
何かを急に思い出したりしたときに思わず発する語。あっ。「、しまった」
呼びかけに用いる語。
「主人―と言へば、郎等さと出づべき体なり」〈盛衰記・六〉
応答に用いる語。はい。
「いかがはせんとて、ただ―と、言請(ことう)けをしゐたり」〈古本説話集・六七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図ア行第一段の仮名。後舌の広母音。
平仮名「あ」は「安」の草体。片仮名「ア」は「阿」の行書体の偏。

( 感 )
軽い驚きや感動などを表す語。また、何かを思いついたときに発する語。あっ。 「 -、そうか」 「 -、思い出した」
人に呼びかける語。 「 -、君、君」
人の呼びかけに答える語。はい。 「ただ-と、ことうけをしゐたり/古本説話 67

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第1行第1段の仮名。平仮名の「あ」は「安」の草体から、また、片仮名の「ア」は「阿」の偏から変化してできたものである。万葉仮名では「阿、安、婀、鞅(以上音仮名)、足(訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(阿)」「(愛)」「(悪)」などがある。
 音韻的には、5母音の一つ/a/にあたる。東京語などでは、奥舌の[a]よりもやや舌が前寄りで、口の開きの大きい中舌広母音である。ア段長音の引き音節部分を、「おかあさん」「おばあさん」などのように表しもする。また表記上はアであっても、音の連なり方によって、「ピノ→ピノ」「バイ(場合)→バイ/バイ」「オンイ(恩愛)→オンイ」などと発音されたりする。
 なお「阿吽(あうん)の仁王」「阿吽の呼吸」などと使われる「阿吽」の「阿」は、悉曇(しったん)十二母音の初音で、物事の初めの意で用いられ、口を開いた形相や吐息をも表す。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

あの関連キーワードあけらかん阿呆陀羅吾妹子に妹に恋ひ寄合町南安倍あなじ十の島行書体共和え我孫子金柑頭阿原町広母音秋葉町粟生町安里鬼婆赤羽次姉

あの関連情報