嗚呼/噫(読み)アア

デジタル大辞泉の解説

ああ【嗚呼/×噫】

[感]
物事に深く感じたり驚いたりした気持ちを直接表す語。「―、わが故郷の山々よ」
呼びかけに用いる語。「―君、君」
同意したり肯定したりする応答。「―、わかったよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ああ【嗚呼】

〘感動〙
① 勝ち誇って笑うときに発する声。あざ笑う声。→ああしやをああしやごしや
※釈日本紀(1274‐1301)二三「阿々 私記曰咲声也」
② ものごとに感じて、驚き、悲しみ、喜び、疑問などを表わすことば。
※書紀(720)神武即位前(北野本訓)「嗟乎(アア)、吾が祖(みおや)は天神(あまつかみ)
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「唉(アア)もう何を為るのも否(いや)だ」
③ 相手に不承知・不服であることを示す返事のことば。多く、狂言で用いる。承知した場合には「おお」「はあ」などと言う。
※虎寛本狂言・縄綯(室町末‐近世初)「『何の役に立ぬやつの。すっこんで居おろ』『アア』」
④ 相手にび掛けるときのことば。
※光悦本謡曲・安宅(1516頃)「ああ暫く、あわてて事を為損ずな」
⑤ 相手の話し掛けに対して同意して答えるときのことば。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「人が物を問ふにと云たれば、ああそれもようさうと、かう云たぞ」
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「『一人でよく眠れた?』『ああ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android