(読み)エ

デジタル大辞泉の解説

え[五十音]

五十音図ア行の第4音。五母音の一。前舌の半閉母音。[e]
平仮名「え」は「衣」の草体から。片仮名「エ」は「江」の旁(つくり)。
[補説]五十音図ヤ行の第4音としても重出。ただし、平安初期までは、ア行のエにあたるもの(発音[e])とヤ行のエにあたるもの(発音[je])とには発音上の区別があった。

え[感]

[感]
驚きを感じたときに発する語。えっ。「、すごいじゃないか」
相手の言うことが理解できなかったり疑問を感じたりして、問い返すときに発する語。えっ。「、なんですか」
承諾や肯定を表すときに発する語。ええ。「、そうです」
感動や苦痛を表すときに発する語。ああ。
「―、苦しゑ」〈天智紀・歌謡〉

え[終助]

[終助]《上代語》文の終わりに付く。嘆息の心持ちを表す。…なあ。…よ。
「上野(かみつけの)佐野の茎立(くくたち)折りはやし我(あれ)は待たむ―今年来ずとも」〈・三四〇六〉

え[間助]

[間助]呼びかけの語または文末に付く。

㋐親しみを込めて問いかける意を表す。
「これからはどうしていくつもりだ―」〈二葉亭浮雲
「敵(かたき)は誰でござんす―」〈浄・盛衰記
㋑親しみを込めて呼びかける意を表す。
「御新造さま―」〈人・娘節用・後〉
㋒軽い感動を表す。
「あれあれ、お姫様の見てござるぞ―」〈伎・万歳丸〉
呼びかけの意を表す。上代東国方言で、一例のみ。「よ」の転じたものか。
「父母(とちはは)―斎(いは)ひて待たね筑紫(つくし)なる水漬(みづ)く白玉取りて来までに」〈・四三四〇〉

え[助詞]

[助][助詞]

え[接頭]

[接頭]名詞に付いて、愛すべき、いとしい、の意を表す。
「あなにやし―をとめを」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図ア行第四段の仮名。五十音図ヤ行第四段の仮名としても重出。前舌の半狭母音。
平仮名「え」は「衣」の草体、片仮名「エ」は「江」の旁つくり。 〔平安時代初期までは、ア行のエとヤ行のエとは発音上に区別があり、仮名もそれぞれ別のものが用いられた〕

( 感 )
驚いたり疑問に思ったりした時に発する語。えっ。 「 -、今日は休みか」 「 -、ほんとかい」
肯定や承諾の気持ちを表す語。ええ。 「 -、そうです」
喜び・悲しみなどを深く感じて発する語。ああ。 「鮎こそは島傍しまへも良き-苦しゑ/日本書紀 天智

( 格助 )

( 終助 )
〔上代語〕
文の末尾に添えて、感動の心持ちを表す。 「山の端にあぢ群むら騒ぎ行くなれどわれはさぶし-君にしあらねば/万葉集 486

( 間投助 )
〔近世以降の語。前期上方語では町娘や遊女などが用いたが、後期江戸語では男性にも用いられた。現在では老・中年層の女性の間に残っているだけで一般にはあまり用いられない〕
文末に用いられる。
質問・反問の意を強める。多く「かえ」「だえ」の形をとる。 「どうしたんだ-。元気がないよ」 「ご苦労だけどそうしておくれか-」 「おやなぜです-。なぜ親友の交際が出来ません-/浮雲 四迷
念を押したり、語気を強めたりする気持ちを添える。 「むむ、いいわ-。こいつは一ち番しめるだろう/滑稽本・八笑人」
文中の名詞・感動詞に付いて、呼びかけを強める。 「もし-、藤とうさん、よしてもおくんなはいよ/人情本・梅児誉美

( 間投助 )
〔上代東国方言〕
体言に付いて、呼びかけを表す。 「父母とちはは-斎いわひて待たね筑紫なる水漬く白玉取りて来までに/万葉集 4340

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第1行第4段の仮名。平仮名の「え」は「衣」の草体から、片仮名の「エ」は「」の旁(つくり)からできたものである。平安初期まで、ア行の「え」とヤ行の「え」/je/とが区別されていたので、万葉仮名では、ア行に「衣、依、愛、哀(以上音仮名)、榎、荏(以上訓仮名)」、ヤ行に「延、叡、曳、要(以上音仮名)、兄、江、枝、吉(以上訓仮名)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(盈)」「(要)」「(江)」「(得)」などがある。音韻的には5母音の一つ/e/にあたる。東京語では、国際音声記号の[e]よりはやや口の開きが大きく[ε]に近寄る。「おねえさん」などのように、わずかながらエ段長音の引き音節部分を表す。
 古くワ行の「ゑ」「ヱ」は別音で、/we/を表した仮名であり、「ゑ」は「恵」の草体から、「ヱ」も「恵」の草体の終画かといわれる。万葉仮名では「恵、慧、衛、廻(以上音仮名)、画、咲(以上訓仮名)」などが使われ、ほかに草仮名としては「(衛)」「(慧)」などがある。[上野和昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

え【役・

〘名〙 (「え」は元来ヤ行のエ) 古代、朝廷が人民に課した労役。えだち。「えつき(役調)」「えよほろ(役丁)」のように、多く他の語と複合した形で用いられる。
※観智院本名義抄(1241)「 エタス エ」

〘感動〙
① 嘆息、苦痛などを表わす時にいうことば。ああ。
※書紀(720)天智一〇年一二月・歌謡「鮎こそは 島辺も良き 愛(エ)苦しゑ 水葱(なぎ)の本 芹(せり)の本 吾は苦しゑ」
② 呼び掛ける時に言うことば。
※洒落本・遊子方言(1770)発端「『どこへ、つけますゑ申』『そんなら山本の、さん橋へつけろ』」
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)三「ヱモシ若旦那」
③ 意外なことに驚いたり、聞き返したりする時にいうことば。
※浄瑠璃・狭夜衣鴛鴦剣翅(1739)四「そいたくば此一こしをやるほどに、しうとうりうのくびをとれ。ゑ。いやさこりゃ、ぢいにもせよおやにもせよ、どふでたすからぬ命」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「『コウこりゃア何だ』『狸餠』『ヱ狐色だぜ』」
④ 言いよどむ時、つなぎにいうことば。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「『なんだネ』『ヱ。何さ。あすこの小僧が火鉢の火をふきながら、貧乏震(びんばうゆすり)をしてゐると』」
⑤ 人に呼ばれて返事をする時にいうことば。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「『お兄(あに)イさん』『ヱ』」
⑥ 承諾、肯定を表わす返事のことば。
※魔風恋風(1903)〈小杉天外〉後「『手紙を遣ったってぢゃ無いか?』『然(エ)、それは遣ったけれど』」

〘格助〙 ⇒へ〔格助〕

〘終助〙 文の終わりに添えて嘆息の心持を表わすことば。
※書紀(720)天智一〇年一二月・歌謡「え苦し衛()」

〘間投助〙
① 中央語の「よ」に相当する上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三四〇「父母江()斎ひて待たね筑紫なる水漬く白玉取りて来までに」
② 文中の呼び掛けの語、あるいは連用語に付き、また文末に用いて聞き手に働きかける。近世以後の用法。現在、京都女性語。
※浄瑠璃・曾我会稽山(1718)四「もうわかれんす、其中
※咄本・春袋(1777)吸物「何か小さなさかな。是は骨沢山のやうすと、こそと女郎に聞やした。『ソレカ。生の白すぼしさ』」

〘接頭〙 愛すべきだ、いとしいの意を示す。
※古事記(712)上「あなにやし 愛袁登古(エをとこ)を」

(上代の助動詞「ゆ」の未然形、連用形)
① 自発の意を示す。
※万葉(8C後)五・八八〇「あまざかる鄙(ひな)に五年(いつとせ)住まひつつ都の手ぶり忘ら延(エ)にけり」
② 受身の意を示す。
※万葉(8C後)五・八〇四「手束杖 腰にたがねて か行けば 人に厭(いと)は延(エ) かく行けば 人に憎ま延(エ) 老男(およしを)は かくのみならし」
③ 可能の意を示す。
※万葉(8C後)五・八五三「漁(あさり)する海人(あま)の子等(ども)と人はいへど見るに知ら延(エ)ぬ貴人(うまひと)の子と」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

えの関連情報