こてこて(読み)コテコテ

デジタル大辞泉の解説

こて‐こて

[副](スル)
度を越えて分量などの多いさま。また、濃厚なさま。「ポマードでこてこて(と)した髪」
「明るい餉台(ちゃぶだい)の上に―食物が並べられ」〈秋声・足迹〉
不慣れな手つきで物事をするさま。
「―取り出す行灯(あんどん)」〈浄・河原達引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こて‐こて

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① むやみに多くの量をあつかうさまを表わす語。多すぎてごたごたするさまや、濃厚なさまなどにもいう。こってり。
※浄瑠璃・源平布引滝(1749)二「風呂敷包こてこてと心も吉野の丸盆に、麨(はったい)の紙袋、手に持ちながら」
※黴(1911)〈徳田秋声〉三〇「古い装飾品のこてこて飾られた部屋」
② たどたどしく不器用に仕事をするさまを表わす語。老人や、手なれない者、また、悲しみなどのために、手元がたどたどしくなるさまにいう。こってこって。
※浄瑠璃・祇園女御九重錦(1760)三「お神酒(みき)の余り燗鍋(かんなべ)に、温め入れてこてこてと、盃のせる丸盆も、心有りげに携へ出で」
[2] 〘形動〙 (一)①に同じ。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「白粉こてこてにけはひし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報