コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さっしゃる サッシャル

3件 の用語解説(さっしゃるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さっしゃる[助動]

[助動][さっしゃら(さっしゃろ)|さっしゃり(さっしゃい)|さっしゃる|さっしゃる|さっしゃれ|さっしゃれ(さっしゃい)]《尊敬の助動詞「さしゃる」の音変化》上一段・上二段・下一段・下二段・カ変動詞の未然形に付く。尊敬の意を表す。…なさる。
「のうれんを見さっしゃい」〈洒・遊子方言
[補説]活用は、下二段型(未然・連用形が「さっしゃれ」、終止・連体形が「さっしゃるる」)も用いられるが、江戸語では多く四段型が用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さっしゃる

( 動ラ特活 )
〔「さしゃる」の転。近世上方語・江戸語両方で用いられたが、江戸語ではこの形が一般〕
「する」の意の尊敬語。なさる。せられる。さしゃる。 「さらば、たいめん-・れい/狂言記・釣女」 「気遣-・んな、おれがいるからは異見をしませう/歌舞伎・心中鬼門角」 「それにあいそづかしも-・らず/洒落本・二筋道後篇廓の癖」 〔活用は助動詞「さっしゃる」に同じで、下二段・四段両活用混在の特別活用。江戸語では四段型が多く用いられる〕

さっしゃる

( 助動 ) ( さつしやら(さつしやろ・さつしやれ) ・さつしやり(さつしやつ・さつしやい・さつしやれ) ・さつしやる(さつしやるる) ・さつしやる(さつしやるる) ・さつしやれ(さつしやるれ) ・さつしやれ(さつしやれい・さつしやい) )
〔「さしゃる」の転。近世上方語・江戸語両方で用いられたが、江戸語ではこの形が一般〕
上一段・下一段・上二段・下二段活用の語の未然形に接続する。話し手が動作の主体に対して尊敬の意を表す語。お…なさる。さしゃる。 「やあ、見馴れさっしゃれぬはお道理で御ざる/狂言記・貰聟」 「京の客衆がわしに教へさっしゃりました/歌舞伎・富士見る里」 「ええ時分に起してくれさっしゃればええ/洒落本・世説新語茶」 〔活用は下二段・四段両活用混在の型であるが、江戸語では四段型が多く用いられる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さっしゃるの関連キーワードサッシサッシュアルミサッシさしゃるさっしさっせえさっしゃ・るインナーサッシ断熱サッシ木製サッシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone