めそめそ(読み)メソメソ

デジタル大辞泉の解説

めそ‐めそ

[副](スル)弱々しく泣きつづけるさま。また、意気地がなく、すぐに涙ぐむさま。「いつまでもめそめそするな」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めそめそ

スル
弱々しく泣くさま。気弱く、すぐ涙ぐむさま。 -するな -(と)したやつは嫌いだ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めそ‐めそ

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 声を立てないで静かに泣くさま、また、気弱で、何かというとすぐ泣き悲しんだりするさまを表わす語。めそりめそり。
※俳諧・篗纑輪前集(1707)三「越かたを秋にめそめそ語り出す 僧にならぬと御叱は無理〈好松〉」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「檀那にお目にかかったとき、メソメソしてはなりませぬぞ」
② 勢いが衰えたり、小さくなったりするさまを表わす語。
※咄本・聞上手三篇(1773)新吹「日はめそめそくれる、人通りはなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めそめその関連情報