めそめそ(読み)メソメソ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)弱々しく泣きつづけるさま。また、意気地がなく、すぐに涙ぐむさま。「いつまでもめそめそするな」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 声を立てないで静かに泣くさま、また、気弱で、何かというとすぐ泣き悲しんだりするさまを表わす語。めそりめそり。
※俳諧・篗纑輪前集(1707)三「越かたを秋にめそめそ語り出す 僧にならぬと御叱は無理〈好松〉」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「檀那にお目にかかったとき、メソメソしてはなりませぬぞ」
② 勢いが衰えたり、小さくなったりするさまを表わす語。
※咄本・聞上手三篇(1773)新吹「日はめそめそくれる、人通りはなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めそめその関連情報