ぶよぶよ(読み)ブヨブヨ

デジタル大辞泉の解説

ぶよ‐ぶよ

[副](スル)水気を含んでしまりがなくふくらんでいるさま。また、そのように太っているさま。「熟しすぎて、ぶよぶよ(と)した柿」
[形動]に同じ。「ぶよぶよなからだ」
[アクセント]ヨブヨ、はブヨブヨ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶよぶよ

[1] ( 副 ) スル
水を吸ってふくらんでいるさま。 「 -して気味が悪い」
しまりなく太っているさま。 「 -と太る」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「 -な巨体」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶよぶよの関連情報