コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸丸 マルマル

デジタル大辞泉の解説

まる‐まる【丸丸】

[名]
ある事物を伏せて暗示するときに用いる符号。「〇〇」と書く。
二重の圏点。二重
団子(だんご)をいう女房詞
[副]
よく太っているさま。「丸丸(と)した赤ん坊」
ある数量や事柄の全体に及ぶさま。完全に。「一袋丸丸残っている」「丸丸二日かかる」
全く。すっかり。「丸丸損をする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まるまる【丸丸】

[0] ( 名 )
(「〇〇」と書く)はっきり示すことを避けるときに使う符号。 「さしさわりがあるから、-としておこう」
二重の圏点。二重丸。
( 副 ) スル
[3] いかにも丸いさま。よく太っているさま。 「 -(と)太った赤ちゃん」 「 -(と)した体つき」
[0] 全体に及ぶさま。完全なさま。 「 -一週間の休み」 「 -損をする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

丸丸の関連キーワード丸まこい脇坂安董

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android