コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

そ[五十音]

五十音図サ行の第5音。歯茎の無声摩擦子音[s]と母音[o]とから成る音節。[so]
平仮名「そ」は「曾」の草体から。片仮名「ソ」は「曾」の初2画。
[補説]「そ」は古く[tso](あるいは[ʃo][tʃo])であったかともいわれる。室町時代末にはすでに[so]であった。

そ[感]

[感]
馬を追うときの声。
「左奈都良(さなつら)の岡に粟(あは)蒔(ま)きかなしきが駒は食(た)ぐとも我(わ)は―ともはじ」〈・三四五一〉
相手の注意を引く声。
「あとも―とも言はば、一定事も出で来なんと思ふ」〈義経記・三〉

そ[終助・係助]

[終助]サ変・カ変動詞の未然形、その他の動詞の連用形に付く。中世には、サ変動詞の連用形にも付く。
副詞「な」と呼応して、禁止・制止の意を表す。…てくれるな。…なよ。
「な恨み給ひ―」〈徒然・六九〉
副詞「な」は用いないで、禁止・制止の意を表す。…てくれるな。…なよ。
「かく濫(みだり)がはしくておはし―」〈今昔・一九・三〉
[補説]上代は「な」だけで「そ」を伴わない例もあり、禁止の意は「な」のほうにあって「そ」は軽く指示するにすぎなかったといわれるが、院政期ごろから中世にかけて2の用法も現れた。
[係助]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

五十音図サ行第五段の仮名。歯茎摩擦音の無声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。
平仮名「そ」は「曽」の草体。片仮名「ソ」は「曽」の初二画。 〔奈良時代までは、上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

( 副 )
〔副詞「さう」の転〕
そう。そのように。 「言葉デワ-デモナイトコロヲ教エ/天草本伊曽保」

( 終助 )
動詞の連用形(カ行変格・サ行変格の動詞には未然形)に付き、禁止の意を表す。な。
一般に、上に副詞「な」を伴って、「な…そ」の形で用いられる。 「物知らぬことなのたまひ-/竹取」 「吹く風をな来-の関と思へども道もせに散る山桜かな/千載 春下
院政時代以降、上に副詞「な」を伴わず、「そ」だけでも用いられることがある。 「今はかく馴れぬれば、何事なりとも隠し-/今昔 29

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


五十音図第3行第5段の仮名。平仮名の「そ」は「曽」の草体から、片仮名の「ソ」は「曽」の初めの2画からできたものである。万葉仮名には2類あって、甲類に「蘇、、宗、祖(以上音仮名)、十(訓仮名)」、乙類に「曽、僧、増、憎、則、所(以上音仮名)、衣、苑、背(以上訓仮名)」などが使われ、濁音仮名としては、甲類に「俗(音仮名)」、乙類に「序、敍、賊、存、茹、鋤(以上音仮名のみ)」などが使われた。ほかに草仮名としては「(所)」「(楚)」「(處)」「(蘇)」などがある。
 音韻的には/so/(濁音/zo/)で、上歯茎と舌との間で調音する無声摩擦音[s](有声破擦音[dz])を子音にもつ。上代では甲乙2類に仮名を書き分けるが、これは当時の音韻を反映したものと考えられる。[上野和昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

その関連キーワード上代特殊仮名遣いお初・徳兵衛オキシジェンフォネームエンザイムフォニーム判決請求権エンチームピクセル造語成分ヨジウム血液色素原子記号稀有元素希有元素与謝海蘇老泉輸租帳祖師会ブロム

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

その関連情報