コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちかちか チカチカ

デジタル大辞泉の解説

ちか‐ちか

[副](スル)
強い光線などに刺激されて、目が痛むような感じがするさま。「対向車のライトで目がちかちか(と)する」
周囲が暗い中で、光が点滅するさま。「町の灯がちかちか(と)またたく」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちかちか

( 副 ) スル
強い光線などが目を刺激するさま。また、小さな光が明滅するさま。 「目が-(と)する」 「一番星が-(と)輝き始めた」 「日の光に、水浅葱の天そらが、一面に-してゐる/うづまき
鋭いもので弱く突かれるような痛みが、小刻みに続くさま。ちくちく。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちかちかの関連キーワード輝く・耀く・赫く網膜剥離対向車一番星黒沢清水浅葱片頭痛頭痛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちかちかの関連情報