コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きらり キラリ

デジタル大辞泉の解説

きらり

[副]一瞬、鋭く光を放つさま。「涙がきらりと光る」「彼には何かきらりと光るものを感じる」
[補説]人工衛星は別項。→きらり

きらり[人工衛星]

JAXA宇宙航空研究開発機構)の光衛星間通信実験衛星OICETS(オイセッツ)の愛称。平成17年(2005)8月にカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から小型科学衛星れいめいとともにピギーバック衛星として打ち上げられた。低軌道をとる同衛星と静止軌道をとるESA(欧州宇宙機関)の通信衛星ARTEMISとの間で、距離数万キロメートルを隔ててレーザー光による光通信に世界で初めて成功した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きらり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
瞬間的に光り輝くさま。ぴかり。 「砂金が-(と)光る」 「涙が-(と)光る」
物事がはっきりするさま。 「三日過て(薬ヲ)取りければ、眼は-と明きにけり/仮名草子・竹斎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

きらりの関連キーワードきらりん☆レボリューション STAGE3きらりん☆レボリューション野島埼灯台資料展示室つゆはなきらりひらりひらり夕暮れランプ外海多伽子佐伯めぐみ勝呂美和子和久田み晴田中茉里愛佐々木維子浮辺研太郎河野うさぎ松岡恵望子上村依子佐藤祐一陶山章央人工衛星阪田伊都

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きらりの関連情報