耿耿(読み)コウコウ

  • ×耿×耿
  • こうこう カウカウ
  • こうこう〔カウカウ〕

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]
光が明るく輝くさま。
「洋灯(ランプ)が―と輝いて居る」〈独歩・忘れえぬ人々〉
気にかかることがあって、心が安らかでないさま。
「転(うた)た―と神(しん)すみ…眠りも得やらず」〈逍遥・内地雑居未来之夢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動タリ〙
① 光の明るいさま。きらきら光っているさま。
※菅家文草(900頃)四・残燈「耿々寒燈夜読書、煙嵐度牗欲何如
※忘れえぬ人々(1898)〈国木田独歩〉「未だ洋燈(ランプ)が耿々(カウカウ)と輝いて居る」 〔謝朓‐暫使下都夜発新林至京邑詩〕
② 心が安らかでないさま。かたく思っていることがあって忘れられないさま。また、思っていることがあって、寝られないさま。
※新撰万葉(893‐913)上「蕤賓怨婦両眉低。耿々閨中待暁鶏
※実説艸平記(1950)〈内田百〉一八「耿耿(カウカウ)たる反逆精神」 〔詩経‐邶風・柏舟〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android