コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

では デハ

デジタル大辞泉の解説

で‐は[接]

[接]《「それでは」の略》
前述の事柄を受けて、それをふまえて次の事柄を導くときに用いる。それなら。「では、そうします」
区切りをつけて、物事を始めたり終えたりすることを示す。「では始めよう」「ではこれまで」「ではさようなら」

で‐は[連語]

[連語]
《断定の助動詞「だ」の連用形+係助詞「は」》判断の前提を表す。…であるとすれば。…だと。「雨では中止になる」「彼ではだれも承知しないだろう」
《格助詞「で」+係助詞「は」》…で。…においては。…を用いては。「今日では問題にされない」
《接続助詞「で」+係助詞「は」》未然形に付く。
㋐…ずには。…ないでは。…なくては。
「さぶらは―あしかりぬべかりけるを」〈・行幸〉
㋑(「ならでは」の形で)…のほかには。…以外には。
「かかる世の古事(ふるごと)なら―、げに何をか紛るることなきつれづれを慰めまし」〈・蛍〉
ては[連語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

では

( 接続 )
〔「それでは」の略〕
前に述べた事柄を理由・根拠として次に述べる事柄が導かれることを示す。そういう訳なら。じゃあ。 「『道がわかりませんが』『-お迎えに参ります』」 「全部覚えましたね。-暗唱してみて下さい」
区切りをつけて、挨拶あいさつなどを切り出す語。じゃあ。 「 -今日はここまでにしましょう」 「 -ただ今から始めます」

では

( 連語 )
〔断定の助動詞「だ」の連用形「で」に係助詞「は」の付いたもの〕
〔格助詞「で」に係助詞「は」の付いたもの〕 ⇒ で(格助)
〔打ち消しの接続助詞「で」に係助詞「は」の付いたもの〕 ⇒ で(接助)
〔上に来る語の関係で「で」となった接続助詞「て」に係助詞「は」の付いたもの〕 ⇒ ては(連語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ではの関連キーワードゲーデルの不完全性定理パスカルのパラドックス動脈硬化指数(AI)スポーツマンタイプバーチダイアグラムニュートンリング『銀河鉄道の夜』RNA ウイルス煮え花・煮え端ゲルミヤン侯国シナジー効果月のおさがり釧路沖海底谷体のバランスポアティエアルブミンやせタイプ御免なさい北海道新聞朝鮮考古学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ではの関連情報