コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さては サテハ

2件 の用語解説(さてはの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さて‐は

[接](「扨は」「扠は」「偖は」とも書く)
列挙した物事に追加するのに用いる。さらにそのうえ。それ以外にも。「飲んだり食べたり、さてはタクシー代まで払わされた」
前の発言を受けて、ある判断を導く語。それでは。それなら。
「一人も持ち侍らずと答へしかば、―もののあはれは知り給はじ」〈徒然・一四二〉
[感]思い当たることがあったときに発する語。それでは。そうすると。「さては、はかられたか」
[副]そのような状態では。そのままでは。
「―過ぐし給ひてむや」〈末摘花

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さては【扨は】

( 接続 )
いろいろのことをしたあげく。遂には。 「歌うやら騒ぐやら-踊り出す者まで出る始末だった」
そういうことなら。しからば。 「 -心やすし、とて頸をのべてうたせたり/平治
そのほかは。あるいは。 「かの夕顔のしるべせし随身ばかり、-顔むげに知るまじき童一人ばかりぞ/源氏 夕顔
( 感 )
思い当たったり、納得したりしたときに発する語。それではきっと。 「 -、だまされたか」
( 副 )
そのままでは。 「まさに-過ぐし給ひてむやと/源氏 末摘花

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さてはの関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再恭敬車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さてはの関連情報