扨は(読み)サテハ

デジタル大辞泉「扨は」の解説

さて‐は

[接](「は」「扠は」「偖は」とも書く)
列挙した物事に追加するのに用いる。さらにそのうえ。それ以外にも。「飲んだり食べたり、さてはタクシー代まで払わされた」
前の発言を受けて、ある判断を導く語。それでは。それなら。
「一人も持ち侍らずとへしか、―もののあはれは知りはじ」〈徒然・一四二〉
[感]思い当たることがあったときに発する語。それでは。そうすると。「さては、はかられたか」
[副]そのような状態では。そのままでは。
「―過ぐし給ひてむや」〈末摘花
[類語]そのうえそれに且つしかもてて加えてあまつさえ更にかつまたなおかつおまけに加うるにのみならずしかのみならずそればかりか同時にこの上またそれどころかましてなおさらいわんや余計一層もっとますますいよいよよりも少しもう少しずっとなお一段いやが上に数段段違い層一層しのぐもそっと今少しぐんとぐっとうんとだいぶ余程遥かひとしおうたた尚尚なおなおなお以て更なるひときわいや増すさなきだにそれではそうするとそれならそうしたらではするととするととすればそんなら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android