コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なよたけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

なよたけ

加藤道夫の戯曲。 1946年発表。 51年6月菊五郎劇団が『なよたけ抄』として省略版を初演。完全上演は 55年。『竹取物語』に題材を取り,神秘的な少女と近代的自我に執着する青年を中心に,詩人の誕生を告げる精神の契機が語られ,秀麗な劇的世界を完成した昭和戯曲の傑作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なよたけ

戯曲。5幕9場。加藤道夫作。1946年5月から10月の《三田文学》に連載発表。51年6月東京新橋演舞場で尾上菊五郎劇団により,一部カットし《なよたけ抄》として初演。おもな配役は,石ノ上ノ文麻呂を9世市川海老蔵(のちの11世団十郎),なよたけを7世尾上梅幸,綾麻呂を4世市川男女蔵(のちの3世左団次),大伴ノ御行を7世坂東彦三郎(のちの17世市村羽左衛門),讃岐ノ造麻呂を2世河原崎権十郎ほか。完全上演されたのは,55年9月大阪毎日会館で芥川比呂志演出の文学座が最初。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

なよたけ
なよたけ

加藤道夫の戯曲。五幕九場。1946年(昭和21)5~11月『三田(みた)文学』に発表。51年6月尾上(おのえ)菊五郎劇団が『なよたけ抄』として部分上演。55年10月文学座が芥川比呂志(あくたがわひろし)演出により初演。平安中期、大納言大伴御行(だいなごんおおとものみゆき)の奸策(かんさく)によって都を追われる父を見送った石上文麻呂(いそのかみふみまろ)は、竹取の翁(おきな)の娘なよたけを見て、心を奪われる。文麻呂は大納言がなよたけに懸想(けそう)しているのを知り、父の汚名を晴らそうとする。葵(あおい)祭の日、文麻呂は狂気のように群衆に大納言の非道を訴えるが、かえって大納言の巧みな弁舌によって群衆の嘲罵(ちょうば)を浴びる。やがて幻想のなかで文麻呂はなよたけと結ばれるが、なよたけは月からの使者がくることを告げ、文麻呂の腕のなかで息絶える。文麻呂は父のいる東国へ旅立つ。ジロドゥーの『オンディーヌ』に想を得たといわれ、戦時下の青春の苦悩の軌跡を、和文脈の格調高い現代語によって描いた現代詩劇の傑作。作者はこの戯曲を遺書として5か月で書き上げ、友人に託して出征した。[大島 勉]
『『なよたけ』(1952・未来社・てすぴす叢書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

なよたけの関連キーワード小笠原亜里沙加藤 道夫西郷千重子遠藤 征慈観世 榮夫山内由美子加藤治子高階隆兼仲谷 昇榿澤涼太萎ゆ竹の山本健翔藤夏子仲谷昇弱竹の萎ゆ竹弱竹詩劇雌竹箕作

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なよたけの関連情報