コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤道夫 かとうみちお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加藤道夫
かとうみちお

[生]1918.10.17. 福岡,戸畑
[没]1953.12.22. 東京
劇作家。慶應義塾大学英文科在学中「新演劇研究会」を結成,劇作と戯曲翻訳を始め,1942年大学院へ進んだ。陸軍通訳官となった第2次世界大戦戦時下の 44年に代表作『なよたけ』5幕9場を脱稿した。戦後は女優加藤治子と結婚 (1946) ,文学座座員のかたわら慶應義塾大学講師をつとめ,『挿話』 (48) ,『襤褸と宝石』 (52初演) などを書いたが,強度の神経衰弱から自殺をとげた。 J.ジロドゥに傾倒し,自然主義的リアリズムを否定した特異な劇詩人であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

加藤道夫【かとうみちお】

劇作家。福岡県生れ。慶応大学卒業。折口信夫とJ.ジロドゥーに深い影響を受ける。陸軍省通訳官となる一方,処女戯曲《なよたけ》を執筆,その後ニューギニアへ赴任。敗戦後,滝浪治子(女優加藤治子)と結婚,芥川比呂志長岡輝子荒木道子らとともに文学座に入り,《挿話(エピソオド)》《襤褸(ぼろ)と宝石》《天国泥棒》などの戯曲を発表。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤道夫 かとう-みちお

1918-1953 昭和時代の劇作家。
大正7年10月17日生まれ。戯曲「なよたけ」で昭和23年第1回水上滝太郎賞を受賞し,新進劇作家として登場。芥川比呂志(あくたがわ-ひろし)らと劇団麦の会を結成,のち文学座で活躍。わかい世代におおきな影響をあたえたが,昭和28年12月22日自殺。35歳。福岡県出身。慶大卒。作品に「挿話(エピソード)」「思ひ出を売る男」。
【格言など】恋とは唯一つの魂を烈しくもひそかに呼び合うことだ(「なよたけ」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとうみちお【加藤道夫】

1918‐53(大正7‐昭和28)
劇作家。福岡県生れ。東京府立五中を経て,1937年慶大に入学,本科に進学するとともに,学生劇団の新演劇研究会を結成。能に興味をもち,折口信夫とJ.ジロードゥーから深い影響をうけ,42年卒業。大学院に入り,翌年から1年を費やして処女戯曲《なよたけ》を執筆した後,陸軍省通訳官として,ニューギニアに赴任。敗戦後帰国し,慶大,明大講師を務めながら,独自な文体による戯曲を発表した。《竹取物語》を書くことによって生きる道を発見する詩人の誕生を描いた《なよたけ》(1946発表)をはじめ,従軍中の体験をもとにした《挿話(エピソオド)》(1948),戦後の純愛を描いた《襤褸(ぼろ)と宝石》(1952)が注目された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かとうみちお【加藤道夫】

1918~1953) 劇作家。福岡県生まれ。慶大卒。文学座に参加。ジロドゥーの研究やカミュの翻訳を手がけた。のち自殺。代表作「なよたけ」「思い出を売る男」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤道夫
かとうみちお
(1918―1953)

劇作家。福岡県に生まれる。慶応義塾大学英文科在学中から芥川比呂志(あくたがわひろし)らと演劇活動に従事。同大学院在籍中に処女戯曲『なよたけ』を書き始め、1944年(昭和19)応召直前に友人に託した。第二次世界大戦後は母校と明治大学講師のかたわら芥川らと劇団麦の会を結成、『挿話――エピソオド』(1948)発表後文学座に入り、『思ひ出を売る男』(1951)、『襤褸(ぼろ)と宝石』(1952)、『祖国喪失』(1952)などの戯曲を発表するほか、評論、演出、翻訳にも活躍した。昭和28年12月22日自殺。その純粋な演劇理念は劇団四季創立の精神的支柱ともなった。[大島 勉]
『『加藤道夫全集』全二巻(1983・青土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の加藤道夫の言及

【新劇】より

… 弾圧は免れたものの,45年春以降は疎開を余儀なくされていた文学座は,森本薫作・杉村春子主演《女の一生》で戦後をスタートし,47年には戦前の伝統を継承しつつ〈フランス演劇研究会〉を発足させる。49年には,長岡輝子,芥川比呂志(1920‐81),加藤道夫らもこれに加入して,文学座のみならず新劇界に新風を吹き込むこととなった。フランス演劇研究会ではサルトル,アヌイなど戦後フランスの実存主義的演劇を初演するとともに,東京信濃町の同座稽古場を利用して〈新しき演劇の実験室〉としての〈アトリエ公演〉活動を展開した。…

【なよたけ】より

…5幕9場。加藤道夫作。1946年5月から10月の《三田文学》に連載発表。…

※「加藤道夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加藤道夫の関連キーワード10月17日芥川 比呂志加藤 道夫学生演劇三田文学劇団四季ミュッセカミュなよ竹代表作詩劇

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加藤道夫の関連情報