コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にも ニモ

デジタル大辞泉の解説

に‐も

[連語]
《格助詞「に」+係助詞「も」》
格助詞「に」に並列・列挙や強調などの意を加える。「ぼくにもわかる」「被害額は数億円にものぼる」
「かばかり守る所に、天の人―負けむや」〈竹取
(「…にも…ない」「…にも…ず」の形で、下に上の動詞の可能形を置き)その動作がどうしてもできない、または、その動作をするのをためらう、という意を表す。「歩くにも歩けない」「笑うにも笑えず困った」
《接続助詞「に」+係助詞「も」》(多く「…うにも」の形で)逆接の仮定条件を表す。「運転しようにも車がない」
《断定の助動詞「なり」の連用形+係助詞「も」》…でも。
「あぢきなきすさびにて、かつ破(や)り捨つべきものなれば、人の見るべき―あらず」〈徒然・一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にも

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に係助詞「も」の付いたもの〕
(「にもあり」「にもなし」などの形で用いられて)「でも(ある)」「でも(ない)」などの意を表す。 「かきくらし降る白雪のした消えに消えて物思ふころ-あるかな/古今 恋二」 「敵に値ふべき者-なかりけれども/今昔 26

にも

( 連語 )
〔格助詞「に」に係助詞「も」の付いたもの〕
時・場所・対象・比較の基準など、格助詞「に」の意味に、添加や許容など、助詞「も」の意味が加えられる。 「仕事の合間-雑誌を読む」 「アパート-住んだことがある」 「君-見せてやろう」 「親-できないことをする」
尊敬の対象となる人物を主語として表すことを避け、間接的に尊敬の意を表す。…におかれても。 「御一家御一同様-御健勝にお過ごしのことと拝察申し上げます」
(「…にも…ず」「…にも…ない」など、同じ動詞を重ねて打ち消しの形にして)「どうしても…することができない」「…することがためらわれる」などの意を表す。 「ひく-ひかれず」 「泣く-泣けないありさまだ」

にも

( 連語 )
〔希望の終助詞「に」に詠嘆の助詞「も」の付いたもの。上代語〕
他に対してあつらえ望む意を表す。…してほしいな。 「ひとりのみ聞けばさぶしもほととぎす丹生にうの山辺にい行き鳴か-/万葉集 4178

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

にもの関連キーワード口にも筆にも尽くせない田にも畦にも腥物つけて毒にも薬にもならない木にも草にも心を置くスリーウエーバッグマルチパーパスカーバイセクシュアル盗人にも三分の理薄の穂にも怯ず胸三寸に納める褻にも晴れにも平手前・平点前後にも先にも省スペース型乞食の空笑い兎にも角にも一にも二にもポピーオイル餓鬼に苧殻君子の三楽

にもの関連情報