ばくばく(読み)バクバク

デジタル大辞泉の解説

ばく‐ばく

[副](スル)
しまりがないさま。衣服などが大きすぎて合わないさま。
タバコをしきりに吹かすさま。
盛んに物を食べるさま。ぱくぱく。「ドーナツをばくばく食べる」
心臓の鼓動が激しいさま。どきどき。「胸がばくばくする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくばく

スル
(過度な運動や驚きなどで)心臓が激しく鼓動するさま。 心臓が-いう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばく‐ばく

の抜けた老人の口の動くさまや、身につけるものなどが大きすぎて合わないさまなどしまりのないさまを表わす語。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)二「ばくばくするのが壱人と仲人いい」
タバコを勢いよくふかすさまを表わす語。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉失意政治家「鼈甲羅宇(らを)の長煙管(きせる)でバクバク燻(ふ)かして」
③ 物をさかんに食べるさまを表わす語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばくばくの関連情報