(読み)シキ

  • じき
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

敷くこと。また、そのもの。物の下や底などに敷くもの。現在では、多く他の語と複合して用いられる。「鍋(なべ)敷き」「花瓶敷き
「その筥(はこ)の―に大納言殿の書かせ給へる」〈栄花・本の
船の底板。かわら。
敷金」の
敷地」の略。「河川敷き
敷布団」の略。
敷居」の略。
[接尾]部屋の大きさを畳の数によって表すのに用いる。「八畳敷き
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]しく
〈フ〉平らに広げて全体に及ぼす。しき延べる。「敷衍(ふえん)敷設
〈しき(じき)〉「敷居敷金敷地敷布座敷屋敷河川敷千畳敷風呂敷
[名のり]しき・のぶ・ひら
[難読]折敷(おしき)桟敷(さじき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘接尾〙 部屋の広さを畳の数によって表わすのに用いる。「八畳敷」「十二畳敷」など。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉二「成程十五畳敷にいつ迄居る訳にも行くまい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【キール】より

…方形キールと異なり,船底が平滑になるため,喫水が増加せず,また入渠(にゆうきよ)時に船体重量の主要部分を支持するのにもつごうがよい。なお,独特の発達をした大和型船を典型とする和船の場合は,船底の船体中心線位置にあって船底から突き出た航(かわら)または敷(しき)と呼ばれる部材がキールに相当する。【吉田 宏一郎】。…

※「敷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敷の関連情報