コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷(き) シキ

5件 の用語解説(敷(き)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しき【敷(き)】

敷くこと。また、そのもの。物の下や底などに敷くもの。現在では、多く他の語と複合して用いられる。「鍋(なべ)敷き」「花瓶敷き
船の底板。かわら。
敷金」の略。
敷地」の略。「河川敷き
敷布団」の略。
敷居」の略。
「その筥(はこ)の―に大納言殿の書かせ給へる」〈栄花・本の雫〉

じき【敷(き)】

[接尾]部屋の大きさを畳の数によって表すのに用いる。「八畳敷き

ふ【敷】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]しく
〈フ〉平らに広げて全体に及ぼす。しき延べる。「敷衍(ふえん)敷設
〈しき(じき)〉「敷居敷金敷地敷布座敷屋敷河川敷千畳敷風呂敷
[名のり]しき・のぶ・ひら
[難読]折敷(おしき)桟敷(さじき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しき【敷】

敷くこと。また,敷くもの。多く他の語と複合して用いる。 「鍋-」 「板-いたじき」 「その筥の-に/栄花 本の雫
和船で,船底の縦通材。かわら。
「敷き布団ぶとん」の略。 「 -の厚いのは困る/黴 秋声

じき【敷】

( 接尾 )
畳の数を表す語に付いて,部屋の大きさを表すのに用いる。 「六畳-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の敷(き)の言及

【キール】より

…方形キールと異なり,船底が平滑になるため,喫水が増加せず,また入渠(にゆうきよ)時に船体重量の主要部分を支持するのにもつごうがよい。なお,独特の発達をした大和型船を典型とする和船の場合は,船底の船体中心線位置にあって船底から突き出た航(かわら)または敷(しき)と呼ばれる部材がキールに相当する。【吉田 宏一郎】。…

※「敷(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敷(き)の関連キーワード中敷伏線縫腋組敷く下敷散敷く手巻生焼降敷く山尽し

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone