コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷(き) シキ

デジタル大辞泉の解説

しき【敷(き)】

敷くこと。また、そのもの。物の下や底などに敷くもの。現在では、多く他の語と複合して用いられる。「鍋(なべ)敷き」「花瓶敷き
「その筥(はこ)の―に大納言殿の書かせ給へる」〈栄花・本の雫〉
船の底板。かわら。
敷金」の
敷地」の略。「河川敷き
敷布団」の略。
敷居」の略。

じき【敷(き)】

[接尾]部屋の大きさを畳の数によって表すのに用いる。「八畳敷き

ふ【敷】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]しく
〈フ〉平らに広げて全体に及ぼす。しき延べる。「敷衍(ふえん)敷設
〈しき(じき)〉「敷居敷金敷地敷布座敷屋敷河川敷千畳敷風呂敷
[名のり]しき・のぶ・ひら
[難読]折敷(おしき)桟敷(さじき)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しき【敷】

敷くこと。また、敷くもの。多く他の語と複合して用いる。 「鍋-」 「板-いたじき」 「その筥の-に/栄花 本の雫
和船で、船底の縦通材。かわら。
「敷き布団ぶとん」の略。 「 -の厚いのは困る/黴 秋声

じき【敷】

( 接尾 )
畳の数を表す語に付いて、部屋の大きさを表すのに用いる。 「六畳-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の敷(き)の言及

【キール】より

…方形キールと異なり,船底が平滑になるため,喫水が増加せず,また入渠(にゆうきよ)時に船体重量の主要部分を支持するのにもつごうがよい。なお,独特の発達をした大和型船を典型とする和船の場合は,船底の船体中心線位置にあって船底から突き出た航(かわら)または敷(しき)と呼ばれる部材がキールに相当する。【吉田 宏一郎】。…

※「敷(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

敷(き)の関連キーワードクリーンミュウ 国産天然ひのきのチップ兵庫県神戸市須磨区天神町岐阜県飛騨市古川町太江山梨県甲州市塩山下於曽pet sheet宮城県白石市中町埼玉県加須市騎西ケーブル敷設船敷き草・敷草人手に渡る敷目板天井居着き地主引っ敷の板底目板天井御新さん仕付け所南部家敷身代畳む武家屋敷しゃっ面

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

敷(き)の関連情報