コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へび座 へびざSerpens

翻訳|Serpens

2件 の用語解説(へび座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

へび座
へびざ
Serpens

蛇座。へびつかい座の両側に2分された星座。概略位置は赤経 15時 35分,赤緯8°と赤経 18時,赤緯-5°。頭部は赤道の北側で7月の宵に南中し,尾部は赤道の南側で8月の宵に南中する。頭部に比較的明るい球状星団 M5がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

へび座
へびざ / 蛇座

夏の宵の南の中天に見える星座。へびつかい座と一体になっているもので、西側にヘビの頭部があり、東側に尾部がある。ギリシア神話では、へびつかい座は神医アスクレピオスの姿であり、このへび座は健康のシンボル、医術のシンボルとされている。望遠鏡の見ものとしては、頭部にある大型で明るい球状星団M5と尾部にある散光星雲M16がある。散光星雲M16には同番号の散開星団M16が重なって見えている。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

へび座の関連情報