コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もっこ(畚) もっこ

世界大百科事典 第2版の解説

もっこ【もっこ(畚)】

担い運搬用具の一種。わらむしろあるいはわら縄,フジづるなどを網目状に編んだものの四隅に吊紐をつけ,てんびん棒を使って運ぶ。本体は網目状のものが多いが,袋状のものや皿状のものも見られる。その名称は,元来〈もちこ(持籠)〉から変化したといわれている。形状が不定なものを盛って運ぶのに適しており,土砂,堆肥などがおもな対象である。また,農作物を運ぶ際にも用いられた。【胡桃沢 勘司】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

もっこ(畚)の関連キーワード九仭の功を一簣に虧く軽籠・軽篭

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android