コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やぶ(藪) やぶthicket

翻訳|thicket

世界大百科事典 第2版の解説

やぶ【やぶ(藪) thicket】

植物の群落のうち,灌木を主体とするもので,森林と草原の中間的な構造のものを総称してやぶという。竹やぶのように構成種が単一のものと,構成の複雑なものとがあり,それで極相になっているものも,遷移相のものもある。極相になっている場合は,森林の発達しない地形や土壌環境のところに発達しており,一般に生産性は低い。また,群落の層序構造がはっきりしておらず,光は地表まで届くことが多いので,下生えの草木もよく繁茂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のやぶ(藪)の言及

【キヅタ】より

…その名は,踊り狂って死んだ同名のニンフを酒神ディオニュソスがキヅタに変身させた神話に由来するという。酒神との結びつきからか,この植物は酔いを防ぐとされ,葉の絞り汁を酒に入れて飲む習慣があり,イギリスでは今でも居酒屋の正面にキヅタの輪(これをbushという)を飾る。一般の家の壁にこれをはわせるのは,雷や魔物をよける意味があるとされ,キヅタの茂る家は裕福さの象徴ともみなされる。…

【登山】より

… ビバークbivouac予定外の所でする露営。 ブッシュbushやぶ。 ベルクシュルントBergschrund[ドイツ]雪渓や氷河の氷と山側の岩壁との間の割れ目をいう。…

※「やぶ(藪)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone