コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

りゅう座 りゅうざ Draco

翻訳|Draco

2件 の用語解説(りゅう座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

りゅう座
りゅうざ
Draco

竜座。周極の星座。概略位置は赤経 17時,赤緯 60°。中心は8月の宵に南中するが,全体としておおぐま座こぐま座の間に延びて北極を半周にわたり取巻いている。α星トゥーバンは実視等級 3.64等で 4600年前には北極星であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

りゅう座
りゅうざ / 竜座

北天の大型星座。ヘルクレス座の足元から北へ西へと折れ曲がりながら星を連ね、こぐま座を半周して北斗七星の近くに尾を滑り込ませている。したがって、一年中ほとんどいつでも北の空に見えているが、宵の北の空高く昇って見ごろとなるのは夏のころとなる。ギリシア神話では、ヘラクレスの12の冒険談のうちの11番目のもので、ヘスペリデスたち三姉妹が天の花園で守っていた黄金のリンゴの木を番する火を吐く竜とされている。竜の尾の中ほどに輝く3等のα(アルファ)星はトゥバン(竜または蛇の意)とよばれ、この星座を代表する名がつけられているが、紀元前2796年には、天の北極にもっとも近づき北極星として輝いていた星である。現在は歳差のため北極星はこぐま座αに移っている。[藤井 旭]
『小林悦子文、藤井旭写真『春・夏の星座』(1992・講談社) ▽林完次著、三嶋典東絵『おはなし星座館「夏」』(1992・ぎょうせい) ▽藤井旭著『春・夏星座図鑑――もっと知りたい春・夏の星座』(2002・偕成社) ▽藤井旭著『星座大全――夏の星座』(2003・作品社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゅう座の関連キーワードカメレオン座かじき座(旗魚座)きょしちょう座(巨嘴鳥座)きりん座(麒麟座)けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)とびうお座(飛魚座)ふうちょう座(風鳥座)や座(矢座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

りゅう座の関連情報