コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイントホーフェン Einthoven, Willem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイントホーフェン
Einthoven, Willem

[生]1860.5.21. オランダ領ジャワ島,スマラン
[没]1927.9.29. オランダ,ライデン
オランダの生理学者。1885年ユトレヒト大学卒業。初め眼科医 H.スネレンの助手となり,次いで生理学の研究に入り,1886年から終生ライデン大学の生理学教授を務めた。1903年,弦検流計を創案し,これを用いて心筋の収縮によって生じる電位の変化を記録した。また,このグラフに記録された波形を心電図と名づけた。その後も心電図の研究を続行し,心臓病の診断に欠かせないものとした。その功績により 1924年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

アイントホーフェン
Eindhoven

オランダ南部,ノールトブラバント州の都市。 1232年都市権を獲得。 1891年に電機メーカーのフィリップス社がここに操業を開始して以来,急速に発展。 1900~20年の間に人口は3倍に増加した。工科大学 (1957創立) ,美術館,天文台などがあり,オランダ北部,西部,ベルギー,ドイツへ通じる鉄道の要地でもある。第2次世界大戦中は市街地の大部分が戦火を受けたが復興。戦後再建されたフィリップス社が現在も産業の中心。そのほかトラック,乗用車の製造,たばこ,織物生産が行われる。人口 19万 3966,大都市圏 38万 8355 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイントホーフェン

オランダの生理学者。ユトレヒト大学に学び,ライデン大学教授となる。活動電流を測る電流計を考案。心臓の拍動測定を進歩させ,1924年ノーベル生理医学賞。
→関連項目心電計

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アイントホーフェンの関連キーワードフィリップス・グロエランペンファブリケン[会社]ウィレム エーントホーフェンジェラルド クライスターリーアイントホーフェンの三角形アイントホーフェンの公式アイントホーフェンの法則フィリップス(電機会社)アイントホーフェンの式マルク ファン・ボメルゼリコ ペトロヴィッチノールト・ブラバントフース ヒディンクロナルド クーマンアリエン・ロッベントード ボーンチェエイントホーフェンルート フリットルイス・スアレスピーター・アーツマテヤ ケズマン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイントホーフェンの関連情報