コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイントホーフェン アイントホーフェンEinthoven, Willem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイントホーフェン
Einthoven, Willem

[生]1860.5.21. オランダジャワ島,スマラン
[没]1927.9.29. オランダ,ライデン
オランダの生理学者。1885年ユトレヒト大学卒業。初め眼科医 H.スネレンの助手となり,次いで生理学の研究に入り,1886年から終生ライデン大学の生理学教授を務めた。1903年,弦検流計を創案し,これを用いて心筋の収縮によって生じる電位の変化を記録した。また,このグラフに記録された波形を心電図と名づけた。その後も心電図の研究を続行し,心臓病の診断に欠かせないものとした。その功績により 1924年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

アイントホーフェン
Eindhoven

オランダ南部,ノールトブラバント州の都市。 1232年都市権を獲得。 1891年に電機メーカーフィリップス社がここに操業を開始して以来,急速に発展。 1900~20年の間に人口は3倍に増加した。工科大学 (1957創立) ,美術館天文台などがあり,オランダ北部,西部,ベルギードイツへ通じる鉄道の要地でもある。第2次世界大戦中は市街地の大部分が戦火を受けたが復興。戦後再建されたフィリップス社が現在も産業の中心。そのほかトラック乗用車の製造,たばこ,織物生産が行われる。人口 19万 3966,大都市圏 38万 8355 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アイントホーフェン

オランダの生理学者。ユトレヒト大学に学び,ライデン大学教授となる。活動電流を測る電流計を考案。心臓の拍動測定を進歩させ,1924年ノーベル生理医学賞。
→関連項目心電計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

アイントホーフェンの関連キーワード万延マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄堀利煕森石松石英粗面岩井伊直弼李朝

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイントホーフェンの関連情報