コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカアシシギ アカアシシギ Tringa totanus; common redshank

2件 の用語解説(アカアシシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカアシシギ
アカアシシギ
Tringa totanus; common redshank

チドリ目シギ科。全長 27~29cm。冬羽(→羽衣)では背面は灰褐色,胸腹部は白色で,頸から胸に灰褐色の縦斑がある。夏羽では背面に黒色と黄白色の斑があり,胸腹部に黒色の縦斑がある。尾羽は白地に横縞が入り,次列風切と腰が白く,飛ぶとよく目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカアシシギ
あかあししぎ / 赤足鷸
redshank
[学]Tringa totanus

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの中部以北で繁殖し、冬は南へ渡る。日本では北海道東部の湿原で繁殖し、他の地域には旅鳥として渡来するが数は多くない。全長約27.5センチメートル、翼長約15センチメートル。夏羽では体の上面は濃褐色で黒い縦斑(じゅうはん)があり、上尾筒と尾は白と黒の横縞(よこじま)。体の下面は白地に褐色の縦斑がある。次列風切(かざきり)の先は白い。冬羽では下面の斑は少なくなる。地上に皿形の巣をつくり4卵を産む。渡りのときには干潟、入り江などにいる。ピーピョイピョイと澄んだ声で鳴く。カニ、小魚、虫などを食す。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカアシシギの関連キーワードイソシギ川千鳥草鷸白千鳥背高鷸友千鳥玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone