コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガイ(赤貝) アカガイ

2件 の用語解説(アカガイ(赤貝)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アカガイ(赤貝)【アカガイ】

フネガイ科の二枚貝。殻の高さ9cm,長さ12cm,ふくらみ7.5cmでよくふくらんでいる。殻表の肋(ろく)は42本内外,内面は白色,かみ合せに多くの歯がある。北海道南部から九州,朝鮮半島の内湾の深さ3〜30mの砂泥底にすみ,海中の懸濁有機物を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカガイ【アカガイ(赤貝) Scapharca broughtonii】

大型でよく膨らんだフネガイ科の二枚貝(イラスト)。アサリハマグリなどと異なり,血液にヘモグロビンを含み,肉が赤みを帯びるのでアカガイという。殻の高さ9cm,長さ12cm,膨らみ7.5cmに達し,白色だが,殻頂から42本内外の太い肋が出ている。黒褐色の粗い毛の生えた皮で覆われ,両方の殻のかみ合せはまっすぐで多数の小さい歯が1列に並び,殻を閉じると互いにかみ合う。また下側の縁は丸く膨らむ。内面は白色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアカガイ(赤貝)の言及

【貝】より


[文学,遊芸]
 《古事記》には八十神に大火傷を負わされ死んだ大国主神が,貝比売(きさがいひめ)(貝)と蛤貝(うむぎ)比売の介抱によって息を吹きかえした物語が見える。貝はアカガイ,蛤貝はハマグリのことである。《日本書紀》景行天皇条には,天皇が東征のとき,白蛤のなますを食べたことが記されている。…

※「アカガイ(赤貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アカガイ(赤貝)の関連キーワードモデュールアカテツアトリアマガイオクラガンガゼコトクラゲ算木(ト占)サンコウチョウシオガマギク

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone