コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガイ(赤貝) アカガイ

百科事典マイペディアの解説

アカガイ(赤貝)【アカガイ】

フネガイ科の二枚貝の高さ9cm,長さ12cm,ふくらみ7.5cmでよくふくらんでいる。殻表の肋(ろく)は42本内外,内面は白色,かみ合せに多くの歯がある。北海道南部から九州,朝鮮半島の内湾の深さ3〜30mの砂泥底にすみ,海中の懸濁有機物を食べる。けた網で採取する。養殖も行われている。産卵期は夏。アカガイの名のとおり,肉は赤いが,これは血液中にヘモグロビンを含むため。味がよく,刺身やすし材料。赤貝飯に使われるのはアカガイではなくサルボオガイのことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アカガイ【アカガイ(赤貝) Scapharca broughtonii】

大型でよく膨らんだフネガイ科の二枚貝(イラスト)。アサリハマグリなどと異なり,血液にヘモグロビンを含み,肉が赤みを帯びるのでアカガイという。殻の高さ9cm,長さ12cm,膨らみ7.5cmに達し,白色だが,殻頂から42本内外の太い肋が出ている。黒褐色の粗い毛の生えた皮で覆われ,両方の殻のかみ合せはまっすぐで多数の小さい歯が1列に並び,殻を閉じると互いにかみ合う。また下側の縁は丸く膨らむ。内面は白色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアカガイ(赤貝)の言及

【貝】より


[文学,遊芸]
 《古事記》には八十神に大火傷を負わされ死んだ大国主神が,貝比売(きさがいひめ)(貝)と蛤貝(うむぎ)比売の介抱によって息を吹きかえした物語が見える。貝はアカガイ,蛤貝はハマグリのことである。《日本書紀》景行天皇条には,天皇が東征のとき,白蛤のなますを食べたことが記されている。…

※「アカガイ(赤貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アカガイ(赤貝)の関連キーワードキャンバス狭骨盤ウラベニイグチ(裏紅猪口)ムラサキイガイモデュールアカテツアトリアナジャコアマガイウミグモ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android